« 3日で運がよくなる『そうじ力』20140626 | トップページ | カエルを食べてしまえ! 20140628 »

2014年6月27日 (金)

自分の思い(信仰心)が奇跡を起こす 20140627

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

自分の思い(信仰心)が奇跡を起こす

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

信仰の力によって起きる数々の奇跡。

特に、幸福の科学の場合、病気から立ち直る奇跡は、今まで数え切れないくらい耳にしてきました。

しかし、今回聞いたお話は、まさに「信じる力」が起こした「真の奇跡」と言えます。


千葉にお住まいのMさん(50代女性)からの「奇跡」の体験談です。

…………………………

私は赤ちゃんのときに股関節脱臼をし、それから骨盤の骨の一部の成長が悪くて骨が変形し、小3の頃から痛みが出るようになりました。

10年前(40代)くらいから痛みがひどくなり、当時、千葉正心館に行ったときには、シャトルから降りる時、手を貸してもらわないと降りられないほどでした。

関節の変形が末期状態のため、常に痛みがありました。

医師は、「老化と同じで、悪くなることはあっても、よくなることはありません」と言っていました。

その後、祈願を重ねていきました。

千葉正心館の『病気根絶祈願』は何度も受けさせていただきましたし、他精舎でも、病気平癒系の祈願を受けてきました。

でも、祈願はしているものの、実は、私は心の底で、「内臓系の病気は治ることがあっても、外科系の病気やケガは難しいのではないかな」と思っていたのです。

これが、『超・絶対健康法』の次のお言葉を聞いて考えが変わりました。


 ▼▼▼▼
古代エジプトの宗教では、「再生術」というものが行われていました。

その再生術とは、例えば、「戦などで手や足を失った場合に、そのなくなった手や足を再び生やす」というものです。…

私が霊的に調べてみたところ、その再生術では、いわゆる「クリスタル(水晶)パワー」を使っているようでした。…

このような、傷んだ部分を再生する術を、宗教が行っていたわけです。
 ▲▲▲▲

そのお話を聞いたとき、「私の骨も治るんだ!」と確信が持て、その瞬間から、何かが変わっていきました。

毎年、レントゲンで状況をチェックしていますが、ある時、医師がレントゲン写真を指さしながら言うのです。

「ここに骨があると安定するのになあ…」

私は、すぐにこう思いました。

「そこに骨がつくれればいいのか。よし、あそこに骨ができる!」

その後も『病気根絶祈願』を受けさせていただき、「この祈願受ければ、確実に治る!」と確信しました。

そして昨年の1月、また病院でレントゲンを見ながら医師の説明を聞いていると…

医師が首を傾げながら何か考えているので、「よくない症状かな…」と心配しました。

しかし、医師はレントゲンを見ながら、自分を納得させるようにこう話し出したのです。

「ここに骨ができてるんだよね。この骨が足を支えて、安定した状態になっているんだよ」

そうです、骨が再生したのです!

以前は、立ち上がる瞬間に痛みが走り、家の中でも杖をついていたのに、今は、痛みがだいぶなくなり、杖がなくても歩けますし、長時間立っていることもできるようになりました。

祈願で主の御力をいただくと同時に、「『主の御言葉のようになる』という自分の思い(信仰心)が奇跡を起こすんだ」と確信させていただきました。

★☆★☆★☆★

『病気根絶祈願』(奉納3)は、7月8日御生誕祭ツアーの中でも、受けることができます。

二度とない最高の人生に、けっして諦めることのない、悔いのない思い(信仰心)を捧げようではありませんか。

熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 3日で運がよくなる『そうじ力』20140626 | トップページ | カエルを食べてしまえ! 20140628 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/56621780

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の思い(信仰心)が奇跡を起こす 20140627 :

« 3日で運がよくなる『そうじ力』20140626 | トップページ | カエルを食べてしまえ! 20140628 »