« 信仰心を結集し、愛の星・地球を大掃除しよう!20140621 | トップページ | タイトルは何?20140623 »

2014年6月22日 (日)

悩みの質を上げよ 20140622

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

悩みの質を上げよ

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


今日は、「心の力」の活用について、主のお言葉を振り返ってみたいと思います。

毎日、雨が続くと、どうしても心の中に悪いこと、マイナス的なことを描いてしまいがちですよね。

そのとき、是非、思い出していただきたい主のお言葉があります。

それは、

「人間は同時に二つのことを思うことはできない」

というお言葉です。

心の中に悪いことを思い描かないためには、悪いことを取り除くことに専念するよりも、むしろ、よいことを思おうとするほうが大切だということです。

よいことを常に心に描くようにすれば、必ず、悪い思いは一掃されるようになるのですね。

(*_*)そんなこと言ったって、悩みがあるから困ってんだし、それでついつい悪い方に悪い方にものごとを考えてしまうんだよ、って声が聞こえてきそうです。

いったいどうしたらいいの?


主は、こう説かれました。

…………………………

悩むなら悩んでもよい。しかし、その悩みの中身を検討せよ、悩みの質を上げよ。

いったい何を悩んでいるか、その悩みの中身たるや、他人様に知られていいような悩みであるかどうかを自問自答せよ。

悩みの質を高めることです。
悩みの対象を広げることです。

神の立場に立って悩んでみたら、その自分自身の手のなかにある悩み、胸のなかにある悩みがどのようなものかわかります。

それは取るに足らない、けし粒のような悩みです。もっと小さいかもしれない。

本来もっと大きな悩みがあるはずなのに、それに気づかないために、このけし粒がごとき悩みを大きく描いて、そして右往左往している。

同じく一つの悩みを持つべきならば、神の悩みと同じものを持て。おそらくそれは悩みという言葉で形容されるべき内容ではないでありましょう。

これは「情熱」という言葉に置き換えられてよいものであろうと思います。

それは世の中をよくせんとする情熱です。

光明化せんとする情熱です。

幸福にしてゆかんとする情熱です。

悩みをこの情熱に差し換えなさい、切り換えなさいということです。

心のなかを一変させてしまうことです。まったく違ったもので満たしてしまうことです。人類幸福化への情熱で満たしてしまうことです。

(『ユートピアの原理』第四部より)

…………………………

人間は同時に二つのことを思うことはできません。

雨が続いていますが、それはまた神が私たちに、考える時間を与えて下さっているのかもしれません。

あなたの「夢」は…。

その「夢」をはばむものはいったい何ですか。

ひょっとしたら、できない理由を考えると「悩み」となり、どうすればできるかを考えようとすると「情熱」に換わるのかもしれませんね。

今日は一日、「悩み」を「情熱」に切り換えることチャレンジしようではありませんか。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 信仰心を結集し、愛の星・地球を大掃除しよう!20140621 | トップページ | タイトルは何?20140623 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/56574891

この記事へのトラックバック一覧です: 悩みの質を上げよ 20140622:

« 信仰心を結集し、愛の星・地球を大掃除しよう!20140621 | トップページ | タイトルは何?20140623 »