« 「そうじ力」に隠された7つの希望実現の法則《その3》「明確なビジョンを描く力」20140527 | トップページ | 「現場にのまれた!」〜成功ビジョンが消える瞬間〜 20140529 »

2014年5月28日 (水)

脳は、主語を理解できない?20140528

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

脳は、主語を理解できない?

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

「そうじ力」についての連載は、今日はお休みします。

p(^^)q

ところで、「脳」に関して、最近、こんな話を聞きました。

…………………

底知れない神秘と可能性のある私たちの「脳」ですが、実はひとつ弱点があります。

それは、
「脳は、主語を理解できない」ということ。


脳ミソの弱点は主語を理解できないことです。


日常、私達が使っている言葉は直接脳と体にリンクしてしまいます。


脳には主語が分からないので、口から発した言葉は、

脳は自分の事だと理解してしまいます。

なので、人の悪口などを言ったりしても、脳が「誰が〜」という認識が出来ないので、脳はそれを自分自信を悪く言ってるように判断してしまうそうです。

脳は自分が悪く言われてると思い、自分自身もストレスが溜ります。


皆さんは最近、人の不満や文句を言ってばっかりで、自分自身に自己嫌悪に陥ったりもしませんか?

脳は自分自身が悪く言われてると判断するので攻撃的にもなってしまいます。

大事な試合などでライバルに、

「ああ、あそこでミスればいいのに」

「転んでいまえ」なんて思っていると、

脳にとっては、

自分がそうなってしまえと思ってる事と同じなんだそうですよ。

(*_*)
え〜っ、それは大変だ!

あのタイガーウッズは、勝ちたい勝負の時ほど、

相手の成功を祈るそうです。

相手を褒めてあげる行為は、脳は自分が褒められたと思い、

気持ち良いだけではなく、自尊意識や自信向上にも繋がります。

相手のいい所を見つけて褒めれば脳は自分が褒められたのだと判断するんですね。

褒められて伸びると言いますよね。脳のこの特性を使えば、

「他人の事を褒め、自分自身を伸ばす」ことが可能なんです。

他人を褒め、ポジティブな言葉を使う事で、脳にいい言葉のサプリメントを沢山与えてまいりましょう!

………………………

積極的な言葉には
いのちがある
魂がある
これをなぜ活かさないのか

人々よ
自分の人生を肯定するように
他人の人生をも肯定せよ
他人をよき人だと思え
他人を悪く思う人は
自分も他人から悪く言われる
陰、日向なく人をほめよ
ほめる力でその人はよくなり
ほめる力で
あなたもよくなるのだ

(『人生に勝利する詩』より)

…………………………

言葉の力で、
あなたの人生は今日から変わりはじめる!

(^O^)/

熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「そうじ力」に隠された7つの希望実現の法則《その3》「明確なビジョンを描く力」20140527 | トップページ | 「現場にのまれた!」〜成功ビジョンが消える瞬間〜 20140529 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/56334666

この記事へのトラックバック一覧です: 脳は、主語を理解できない?20140528 :

« 「そうじ力」に隠された7つの希望実現の法則《その3》「明確なビジョンを描く力」20140527 | トップページ | 「現場にのまれた!」〜成功ビジョンが消える瞬間〜 20140529 »