« 日本の使命は「新しいモデル」を提示すること 20140521 | トップページ | 感動する力を強めていくコツとは 20140523 »

2014年5月22日 (木)

あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに? 20140522

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに?

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこにいるのでしましょうか?

今朝のリバティwebは、次のようなメッセージを発信しました。

………………………

◆行方不明のマレーシア航空機 ボーイング社が何か知っているのか?


3月に、突然消息を絶ったマレーシア航空370便の所在が、いまだに判明していない。

現在最も有力視されている説は、同機が通信を絶った後に方向を変えて飛行したのち、燃料が切れたため南インド洋に墜落したというもの。同海域での空からの捜索は先月打ち切られており、範囲を拡大しての海底調査は完了まで8カ月かかるという。ほかにも、バングラデシュ南部沖のベンガル湾で残骸らしきものが見つかったという情報もある。

そうした中、マレーシアで22年間首相を務めたマハティール氏が18日、自身のフェイスブックで、「米中央情報局(CIA)やボーイング社が情報を隠している」という独自の論を展開した。

マハティール氏は、「370便はボーイング社の777型旅客機で、すべての通信やGPS(衛星利用測位システム)機器はボーイング社によって備え付けられている。ボーイング社は不具合の原因に加え、簡単に通信不能に陥らないことも分かっているはずだ」と説明した。

また同氏は航空専門サイトの記事を引きながら、CIAの関与をほのめかし、燃料切れによる墜落ではないと主張。この記事は、ボーイング社とCIAが遠隔で自動運転に切り替えられるようにするテロ対策機能が、ボーイング機に装備されているとしている。

マハティール氏は、「誰かが何かを隠している。マレーシア航空や政府が非難されるのは不公平だ」と述べ、「いくつかの理由から、メディアはボーイング社とCIAの関与を報じない。皆さんがこのブログを読んでくれることを望む」として投稿を結んだ。

通常なら「陰謀論」として片づけられてしまいかねないところだが、国内外に依然として影響力の強いマハティール氏の見解ということもあり、話題になっている。

この事件について、大川隆法・幸福の科学総裁は、エドガー・ケイシー霊によるリーディングを3月13日に行っている。リーディングでは、同機は離陸後しばらくして主翼が折れたため、対応する間もなく南シナ海に墜落してしまい、現在は水面下1000メートルほどの深海に沈んでいる、という結果となった。潜水艦でも潜ることが難しい深さで、捜査は難航しそうだという。

失踪機は以前にも事故を起こしており、修理を受けたことがある。消息不明となった原因が重大な事故なら、ボーイング社が何らかの情報を知っている可能性もあるだろう。

2009年に大西洋に墜落したエールフランス機の捜索では、機体の重要部分の回収に約2年かかった。長期化する捜査の行方が注目される。(居)

…………………………

3月13日、大川隆法総裁が招霊したエドガー・ケイシー霊による「マレーシア航空370便遭難の真実」映像DVDと号外チラシ。

また新たなニーズが出てくるかもしれませんね。

o(^-^)o

熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 日本の使命は「新しいモデル」を提示すること 20140521 | トップページ | 感動する力を強めていくコツとは 20140523 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/56275060

この記事へのトラックバック一覧です: あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに? 20140522 :

« 日本の使命は「新しいモデル」を提示すること 20140521 | トップページ | 感動する力を強めていくコツとは 20140523 »