« 「国民を護り、世界の平和に寄与すべきだ」20140520 | トップページ | あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに? 20140522 »

2014年5月21日 (水)

日本の使命は「新しいモデル」を提示すること 20140521

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

日本の使命は「新しいモデル」を提示すること

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


ある日、天神の街角を歩いていたら、一人の青年が、道行く人々に対して、こんな話を語りかけていました・・・・(^O^)/

………………………

皆さん、私たちがこれまでずっとあこがれてきたアメリカという国は、
今、日本のような国になろうとして、なり切れずに苦しんでいるのをご存知ですか。

日本のいいところを真似しようとしているのですが、それがなかなかうまくいかずにいるんです。

文化的な土壌が違うので、日本と同じようにはいかないのです。

ウォールストリートでのデモにおいても、日本で言われているような「格差」ということを、一生懸命に訴えていますが、実は、それだけでは解決しないものがあることを、彼らは、まだ十分には分かっていないようなのです。

私たちがずっとあこがれてきたアメリカは、今、こんな状態に陥っています。

それでも、皆さんは、アメリカに何かを求め続けますか?

これからも日本という国は、アメリカをはじめとした先進国に何かを求め続けていくのでしょうか。

今、日本に求められているのは、どこかの国の模倣をすることではありません。

日本がまねるべきものは、もう、ほとんど残っていないのです。

確かに、一部には、日本より進んでいるものもあります。

例えば、宇宙開発などがそうです。その分野では、日本より進んでいる国が、三、四カ国はあるでしょう。また、軍事技術的に日本より進んでいる国も、一、二カ国はあるかもしれません。

しかし、それ以外の部分では、はっきり言って、日本がモデルとするような国はもうないのです。


逆に、どうでしょうか?

世界を見渡してみてください。

日本を一生懸命に追いかけ、追い越そうとしている国は数多くあります。

私たちは、今、次の「新しいモデル」をつくらなければいけない時代に来ているのです。

そのことを知らなければいけません。

昔は、まねでもよかったのですが、今は、どこかにあるものをまねるだけでは駄目です。

恥じることなく、「新しいモデル」を提示しなければいけないのです。


今から三十年ぐらい前、アメリカで起きたことは、その十年後に日本で起きると言われていました。

そのため、「アメリカで学んでくれば成功できる」「アメリカの社会で起きたことを、日本で事前に準備しておけば、成功できる」と言われていました。

家電業界などは、みな、そうでしたし、自動車業界もそうだったと思います。
 
ところが、今は、もう、そういう時代ではなくなってきています。日本が新しいモデルをつくらなければいけないのです。

日本は、今、リーダー国家として、世界のモデルになるべきときが来ているのです。

………………………


実は、この話は、御法話『繁栄思考』をもとに、私が勝手に、創作したものですが、皆さんはどう感じましたか?

(参考経典:『繁栄思考』第3章「繁栄思考」)


客観的に見渡して、今の日本の未来は「幸福の科学」にあると思います。

「幸福の科学」を見れば、日本の未来が見える。
それと同時に、世界の未来も見えると、私は思っています。

たとえば、今、テレビや新聞で話題になっている「集団的自衛権」の問題について、明確に答えきれるところがいったいどこにあるのでしょうか?

今、リバティブラスとして出ている号外ニュースは、「集団的自衛権」についての、日本を守っている神様、世界を守っている神様の視点から見た正しい判断をもとに作られたものです。

皆さん、もう読まれましたか?

どうか、一人でも多くの方々に、手にとってお読みいただきたいと思います。

o(^-^)o

今、「幸福の科学」の教えに触れた人々は、未来の自分の姿を見、知ることができます。

皆さん、どうか忘れないでください。

今、地球の神様は、私たちの住むこの日本を、何としても、世界のモデルになるような素晴らしい国にしたい思いでいっぱいなんです。

このことを、伝えて頂ければ幸いです。

ありがとうございました。o(^-^)o


7月8日(火曜)、御生誕祭記念特別御法話『繁栄への大戦略』まで、
あと48日です。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「国民を護り、世界の平和に寄与すべきだ」20140520 | トップページ | あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに? 20140522 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/56264691

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の使命は「新しいモデル」を提示すること 20140521:

« 「国民を護り、世界の平和に寄与すべきだ」20140520 | トップページ | あの行方不明のマレーシア航空機は、今どこに? 20140522 »