« 「美」を創造するためのヒント 20140427 | トップページ | 人間は霊的存在である 20140429 »

2014年4月28日 (月)

「愛の思い」への挑戦!20140428

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「愛の思い」への挑戦!

☆゜*:.。. .。.:*☆゜


皆さん、おはようございます。


今日は大切な大切な「成功」について話です。

(^O^)/

成功したいと思っている人は数限りなく多い。

しかし、なかなか成功できないと苦しいし、たとえ成功したとしても虚しさが残る。

どうしてでしょうか。


主はこう説かれました。


「私には、愛の思いを介さない成功というものは、底が浅いように思えてなりません。

その人が、ほんとうに成功した人であるかどうかは、愛の思いを持ちつづけることができたかどうかに、深くかかわっているのです。
 
私は、「金銭的に大儲けをした」とか、「会社が大きくなった」とか、「地位が上がった」とかいうようなことだけをもって、「成功した」とは、 とうてい思えないのです。

「成功した」と言えるためには、そういう外面的な成長は必要なものではありますが、その奥に、心の奥に、愛の思いが燃えつづけているというこ とが大切だと思います。

愛なき成功は、ほんとうの成功ではないのです」


o(^-^)o


この「愛の思い」とは、いったい何なのでしょうか。

何をもって、愛の思いとするのでしょうか。


そこで主は、三つのポイントを挙げてくださいました。


愛の思いとは、

①まず、他人に対する限りない関心です。

成功者に共通している条件は、「他人に対して限りなき関心を抱きつづけた」ということです。

②愛の思いにとって大事な点の第二は、自己内部への洞察です。

自分の内を深く深く見つめ、自分のなかに、ほんとうによいものを掘り出したことのある人でなければ、真実の愛というものは分からないのではないでしょうか。

「自分のなかに、ほんとうに素晴らしいものを見いだすことができる」という、それだけの力があり、それだけの優しい眼差しがあって、その優し い眼差しが他人へと向いていったときに初めて、それが愛の思いとなっていくのです。
 
③愛の思いを語るに際して三番目に大事なことは、「その愛を大きくしていこうと、常々、願っている」ということです。

「愛のなかに発展の思いを抱く」ということです。

小さなもののなかに、いつもいつも満足していてはいけないのです。
小さな自己満足や小さな善意だけでもって、「愛の思いを遂げられた」と思ってはいけません。
「愛は、そのなかに発展を含むものだ」と私は考えるのです。
 
すなわち、より素晴らしい自己を発見しつづけること、また、人間関係においても、より素晴らしいものを次々とつくり出していくことです。
素晴らしい人間関係を見事に形成し、素晴らしい人間を数多く発見していくこと、素晴らしい人を育てていくこと、そして、その思いに決して限り がないことです。
このようなことが、とても大切ではないかと思います。

『成功の法』第1章「成功とは何か」より


GWゴールデンウイーク「愛の10日間」がスタートしました。

まさにみずからの「愛の思い」への挑戦です!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「美」を創造するためのヒント 20140427 | トップページ | 人間は霊的存在である 20140429 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55970597

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛の思い」への挑戦!20140428:

« 「美」を創造するためのヒント 20140427 | トップページ | 人間は霊的存在である 20140429 »