« 真に幸福な男がいた。20140426 | トップページ | 「愛の思い」への挑戦!20140428 »

2014年4月27日 (日)

「美」を創造するためのヒント 20140427

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「美」を創造するためのヒント

☆゜*:.。. .。.:*☆゜


皆さん、おはようございます。

先日、総本山・未来館より一人の女性講師が、「美の法門」を届けてくださいました。

ほんとうに素晴らしい内容でした。

この「美」について主は次のように説かれています。

「『真・善・美』という三つの道は、いずれも神に向かっていく道のひとつではあるんですね。この三つを極めていくと、神のところへたどり着くというものではあるんですね。」
(御法話『美について考える』より)


では、この「美」というものは、いかにして創造されるのでしょうか。

そのヒントとなるものをいくつか探ってみました。

<ヒントその①>

女性限定開示の霊言『現代のクレオパトラ 美を語る』を御収録された際、主は、降臨するクレオパトラへの心配りとして、古代エジプトの絵模様の入ったネクタイをされていました。

その時、降臨したクレオパトラは次のように語りました。

「今日見たらこの方(総裁)は、クレオパトラをお呼びするといったら、ちゃんとエジプトの絵模様が入ったネクタイをされている。これは大英博物館のエジプト展でお買い求めになった品とお聞きしております。こういう心が「美」を創っていくのです。クレオパトラをお呼びする。その時にエジプトの何かがないと、やっぱり申し訳ないであろうと。こういう心配りが美を演出していくことになるんです。」
(霊言「現代のクレオパトラ 美を語る」より)


<ヒントその②>

また、魅力的な人生を送りたい男性に対しては、こう説かれています。

「基本的には長所で当然戦うべきであろうかと思いますが、自分の長所として一本、筋が通っている、向かうべきものを持っている、そういう自己確立している男性というのは、女性の種類がいろいろ変われども、一応女性を引き付ける要素を持っています。この人何かもってると。何か自分自身の中心棒になるような生き方、考え方があると。そういうものが感じられるという男性は一応、女子を引き付ける何かを発しています。一種のオーラです。」
(御法話『イケメンの法・ミラクル編』より)


<ヒントその③>

そして、さらに最終的な女性の魅力については、次のように結論づけておられます。

「やはり最終的な女性の魅力といいますか、美しさは、私は『信仰の美』だというふうに感じております。いかに内面の美が外ににじみ出していくかということが究極的には大事なことなんではないかと思います。
この外ににじみ出していく内面の美というものは、年齢に関係なく50、60、70、80でも衰えないものだと考えておりますし、ある意味で、外見の容貌は、年齢とともに衰えていく傾向がありますが、この内面の美のほうは、逆に輝きを増していくこともありますので、年齢と逆行して歳を取るにつれて美しくなってくるということがあるような気がします。」
(御法話「『イイ女の法』ー女神イシスの恵みー」より)

o(^-^)o


いかがでしたか。

「真・善・美」のひとつである「美」が、これから学ぶべき、まったく新しい法門であることを実感されたのではないでしょうか。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 真に幸福な男がいた。20140426 | トップページ | 「愛の思い」への挑戦!20140428 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55955128

この記事へのトラックバック一覧です: 「美」を創造するためのヒント 20140427 :

« 真に幸福な男がいた。20140426 | トップページ | 「愛の思い」への挑戦!20140428 »