« 目に見える成功 目に見えぬ成功 20140415 | トップページ | 来日直前 日米首脳会談前にオバマ大統領の本音を聞きだす 20140418 »

2014年4月17日 (木)

小保方氏を日本から追い出してはならない 20140417

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

小保方氏を日本から
追い出してはならない

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


昨日の【会見レポート】が、リバティWEBより届きました。(^O^)/

……………………………
理研・笹井氏 論文撤回を主張 小保方氏を日本から追い出してはならない
……………………………
2014.04.16


理化学研究所(理研)発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長が16日、東京都内で記者会見を開き、STAP細胞に関する一連の問題について、「多くの混乱とご心配、疑惑を招いたことを心からお詫びする」と謝罪した。

笹井氏は、小保方氏の論文の共著者の1人。

会見で笹井氏は、小保方晴子氏の論文について、撤回が適当という見解を改めて示した。

その上で、STAP細胞の検証が必要であり「STAP細胞は、検証する価値の高い仮説」と話した。

また、自身が研究に関わったのは、2013年3月に論文をネイチャーに投稿する以前の3カ月間で、論文の修正や追加実験に参加したと語ったが、理研の調査委員会が指摘するデータの「改ざん」「捏造」については、直接的な言及は避けた。

質疑応答で本誌(リバティ)記者は、「小保方氏は会見で、論文の撤回は結果の否定になると話していたが、どう考えるか」と質問。

これに対し、笹井氏は
「そういう考え方があることは理解できる。
それを考えても、この論文についてはあまりにもインパクトが大きい。
その重要性を考えたとき、より高いレベルの検証が必要と考えた」
と、あくまで論文を撤回した上で、検証実験が必要であるという主張だ。

一方、小保方氏の米ハーバード大留学時代の指導教官で、論文の主要執筆者であるチャールズ・バカンティ教授は、一貫して論文の撤回に反対している。15日に京都市で行われた講演の中で、バカンティ氏は小保方氏に対し、スライドで「(ハーバード大のある)ボストンに戻っておいで」と呼びかけている。

理研の調査委は、小保方氏の論文を「改ざん」「捏造」とし、笹井氏も曖昧な返答に終始するが、論文の不備やミスが、結論に影響するものでない以上、STAP細胞の存在が否定されたわけではない。

今後、世界の研究者たちがSTAP細胞を再現できるようになり、それを人々の役に立たせる技術にまで高めていくには、一定の時間を要する。
そのためには、発見者である小保方氏が、落ち着いて研究を進められる環境が必要だ。日本の科学界やマスコミが、重箱の隅をつつくようなことばかり続ければ、小保方さんのような優秀な科学者は日本に居られなくなる。

笹井氏をはじめとする理研関係者や論文の共著者たちは、論文を撤回させて小保方氏の功績を白紙にするのではなく、生物学の常識を覆しうる大発見を守りながら、一刻も早くSTAP細胞の研究を発展させる道を探るべきだ。(晴)

…………………………

※大川隆法総裁による「理研理事長・野依良治守護霊の反論―小保方さんとSTAP細胞を語る―」の映像は、本日17日(木)より、全国・全世界の幸福の科学の支部・精舎・拠点・布教所で拝聴できます。なお、この内容を収めた書籍は、近日、全国書店で発売予定です。

熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 目に見える成功 目に見えぬ成功 20140415 | トップページ | 来日直前 日米首脳会談前にオバマ大統領の本音を聞きだす 20140418 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55827493

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方氏を日本から追い出してはならない 20140417 :

« 目に見える成功 目に見えぬ成功 20140415 | トップページ | 来日直前 日米首脳会談前にオバマ大統領の本音を聞きだす 20140418 »