« 成功哲学に必要な「愛の思い」の3つのポイントとは… 20140411 | トップページ | アンチエイジング(抗老化)20140413 »

2014年4月12日 (土)

「審神者」20140412

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

   「審神者」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


今、『素顔の大川隆法』という本がおもしろい!


こんなことが書いてあります。(^O^)/


「霊言」というと、どうも一般の方は、イタコのように霊がかかってくるイメージを持っておられるようですね。

本人は気を失い、霊が話している間のことは覚えていないという感じでしょうか。

しかし、大川総裁の場合は、ご自身の意識をきちんと保った上で、霊言をされているところが、ほかの霊媒との大きな違いです。

(^O^)/

ところで、皆さんは、
「審神者」という漢字をどう読みますか?


↓↓↓


これは、
「審神者(さにわ)」と読みます。

では、「審神者」って何かご存じですか?

「審神者」とは、通常、霊人が語った内容について、その正否や真意を解釈して判断を下せる者をいいます。

「霊言」の場合、普通は審神者が霊を判定するのですが、大川総裁の場合は、ご本人が霊言をすると同時に、自分自身で「審神者」の役割も同時にしているのです。

つまり、
「霊の言葉を伝えている自分」と、
「霊言をしている霊を見ている自分」と、
「その全体を見ているもう一人の自分」まで存在する感じで、
3つの視点を持って、非常に客観的に見ておられるのです。

霊言をしているときは、その霊の意見として言葉を伝えているけれど、
大川総裁は、同時に、審神者としては、その霊の意見をどう感じるかという目を持っておられます。

本当は、総裁お一人で、質問者役と霊言者役を、自己対応することができるのですが、霊言を見ている人たちにはちょっと理解しにくいため、やっていないだけなのです。

だから、下手な質問者に対しては、「私だったらこう訊くけどな」と思いながら、見ておられるようです。(笑)

また、さらに、それとは別に、全体がどのように動いているのかを見ているもう一つの目もあるのです。


この霊言のメカニズムについては、たとえ一般の方であろうとも、イタコに代表される他の霊言とは一線を画すこの違いを、しっかりと理解していただきたいものですね。


大川総裁によるこの霊言、いったいどこまで続けるのですか、という質問もあるのですが、皆さんが「もうわかった、まいった」というまでやり続けていくとのことです。

(参考抜粋:経典『素顔の大川隆法』より)


まあ、今回の「小保方晴子さんの守護霊インタビュー」などは、マスコミ陣営にもかなり衝撃的なインパクトを与えているようですので、薄氷が割れる日も近づいているのではないでしょうか。

もう一息です!

頑張って伝え続けてまいりましょう!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 成功哲学に必要な「愛の思い」の3つのポイントとは… 20140411 | トップページ | アンチエイジング(抗老化)20140413 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55744523

この記事へのトラックバック一覧です: 「審神者」20140412 :

« 成功哲学に必要な「愛の思い」の3つのポイントとは… 20140411 | トップページ | アンチエイジング(抗老化)20140413 »