« 「今日一日であなたの寿命が終わるとして、あなたは何をしますか。」 20140318 | トップページ | 私がいなければ、弟子になれません。 20140323 »

2014年3月21日 (金)

日本の「入り口社会」は幕を閉じた! 20140321

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

日本の「入り口社会」は幕を閉じた!

☆゜*:.。. .。.:*☆゜


皆さん、おはようございます。


今、いろんなところで卒業、進学、就職等の話を耳にします。
新しいステージに上がられた皆さん、あるいは、皆さんのご子息の皆さん、ほんとうにおめでとうございます。o(^-^)o


1週間前の15日(土)に主にお説きいただいた御法話『驚異のリバウンド力』は、ある意味で、そういった新しい人生のステージに挑戦するご子息をもつ皆さん、そして、その挑戦者自身への、主からのエールそのものであったと思います。

(「えっ?そうだったんですか?」と今、思った皆さん、もう一度しっかりと聞いてみてください。主の限りない慈悲の心に涙が流れてまいります。)


その御法話の中で、主はこのように言われています。

……………………

日本がもうすでに「入り口社会」ではなくなっていることは事実だと思います。

「入場券」さえ買えば、一生安泰に暮らせる、そういう楽な社会ではなくなっていることは事実で、やはり「車検」じゃありませんが、何年か置きにその「資格」を点検されるような時代に入っていることは間違いありません。

また、途中から再チャレンジして、もう一度勉強し直したり、「資格」を取り直したり、いろんなことをして、「道が開ける社会」に変わっていこうとしていることも間違いないと考えられます。

(中略)

ノウハウのよいつかみ方のようなものは教えられない時代に入って来ているんですね。こうすると、人の考え方は変わって来なければいけないと思うんです。

(中略)

これは、なかなか若い時代にだけ勉強が終わってると思っている学校のシステムや先生方の考え方では超えられないところですね。だから、実社会に出てからもう一度勉強し直さなきゃいけないというのは、実に辛いことだけども、やった人はやっただけのことはやっぱり出てくるんだということです。若い頃に比べれば遅い速いはあるかもしれないけれども、やったらやっただけ、少しずつ少しずつ、なんか違った面があるんだということは知っておいていただきたいなと思うんですね。

…………………


皆さん、いったいこれは何を意味するとお感じでしょうか。

これは、

日本の「入り口社会」は幕を閉じた!

ということなんです。


じゃあ、そういう新しい時代に突入した私たちは、いったい何をすればいいのか。


28年前、その日本社会の急激な変化を見据えて、
設立された唯一無二の大学院があります。

それが、

人生の大学院「幸福の科学」なんです。


主は、そういう新しい時代に突入した私たちは、


「あることをするクセ」


を身につけないといけないと、非常に重要なポイントを言われました。


えっ?
それって何ですか?


今日13時からの
『驚異のリバウンド力』マイクロヒット学習会(実践編)では、このあたりを中心に学んでまいります。


乞うご期待!(^O^)/


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「今日一日であなたの寿命が終わるとして、あなたは何をしますか。」 20140318 | トップページ | 私がいなければ、弟子になれません。 20140323 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55455733

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「入り口社会」は幕を閉じた! 20140321 :

« 「今日一日であなたの寿命が終わるとして、あなたは何をしますか。」 20140318 | トップページ | 私がいなければ、弟子になれません。 20140323 »