« 私の不満。そして母へ。20140310 | トップページ | 今日は「天神への旅」 20140314 »

2014年3月13日 (木)

ストーリーを共有することで、仲間となる 20140313

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

ストーリーを共有することで、仲間となる

☆゜*:.。. .。.:*☆゜


皆さん、おはようございます。


あのディズニーでは、キャスト(従業員)間で、ストーリーを共有することを徹底しています。


これは私たちの伝道のステップとも深く関わってきますよね。


〜ストーリーを共有することで、仲間となる〜


あるキャストが、ディズニーのジャパンパビリオンで接客中のことです

80歳くらいの小柄なアメリカ人夫婦が、アクセサリーのショーケースを覗き込んでいました。

ミッキーのTシャツを着た二人は、「指輪」をつけたり外したりしてはしゃいで、絵に描いたような仲むつまじい夫婦でした。

キャストは、奥様が「真珠のネックレス」を選んだところで、
「よくお似合いですね。記念日か何かですか?」
と話しかけてみました。

すると、旦那はにっこりと笑ってこう言いました。

「これを買ってやるのに
50年かかったんだ。」


実は、この老夫婦、若い頃小さなレストランを経営していたそうです。

「小さなレストランでね、女房がアップルパイを焼くと村中から人が集まってきたもんだよ。
『これを食べないと一日がはじまらないんだ』とか言いながらパイを買って仕事に行くみんなの笑い声が好きでね。」


しかし、ある時、そのお店が火事で全焼してしまいます。

財産はすべて燃え尽き、その心労から子どもを身ごもっていた奥様も流産してしまった。ほんとうに何もかも失い、一日一日を何とかしのぐような生活。

「何度死のうと思ったことか。でもね、ふとテレビを見てたら、ディズニーのコマーシャルが流れたんだよ。

『ここに来れば、幸せになれる』ってね。

だからそれから必死で働いて……それで、今日ようやくここに来れたんだ。
−−−火事が起こる前、女房が俺にこう言ったんだ。
『お金がたまったら、「真珠のネックレス」がほしい』って。
だから、ディズニーに来たら絶対に「真珠のネックレス」を買おうと思ってたんだよ」。

旦那は、笑いながらそう話しました。

奥様はじっと目を閉じ、「ネックレス」に手を当てながらその話を聞いていました。そうして、ゆっくりと口を開きました。


「私は十分幸せでしたよ。
50年間、一度だって後悔はしたことはありません。
子どもはできなかったけど、手も顔もしみだらけだけど。
でも、この「ネックレス」に触っていると若い頃に戻ったような気分になれるの。本当に、あなたと一緒に来れてよかった」。p(^^)q


ストーリーを共有することで、一体感を生み出します。

ほんとうにいいストーリーに出会うと、奥底の感情がうずき、何かせずにはいられない、そんな気持ちになりますよね。

すると、スタッフの間でどんどんどんどん一体感が生まれてきます。


このストーリーを聞いたキャストたちは、何とか二人に感謝の気持ちを伝えたいと思い、「ネックレス」を包装した袋にメッセージを書きました。

「お二人がお気に召しておられた『指輪』は、次にいらっしゃるまで、孫のミッキーが預かっておきます。
また、元気でいらして、物語(ストーリー)の続きを教えてくださることを心待ちにしています」。


すると、旦那は、帰り際にわっと興奮した様子で、こう言いました。

「夢はまだ終わっていなかったのか!ここがゴールと思ってきたけど、まだ俺たちはこれから夢を見ることができるんだ!」p(^^)q


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 私の不満。そして母へ。20140310 | トップページ | 今日は「天神への旅」 20140314 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55352098

この記事へのトラックバック一覧です: ストーリーを共有することで、仲間となる 20140313 :

« 私の不満。そして母へ。20140310 | トップページ | 今日は「天神への旅」 20140314 »