« 「恐怖心」を「感謝の思い」で消しこんだ!20140222 | トップページ | 「謙虚さからの出発」20140227 »

2014年2月25日 (火)

「生涯反省」〜この地上に生を受けて〜

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

  「生涯反省」
この地上に生を受けて

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。o(^-^)o


一昨日は、支部に、シニアプランの講師に来ていただき、「生涯反省研修」(第1回)(幼少時から小学校時代)の実習をさせていただきました。

0歳から12歳までの約12年間。私はこれまでは、物心つく幼稚園から後はいろいろと思い出すことが出来ていましたが、今回は、「0歳」、すなわち、生まれた瞬間の記憶に挑戦してみました。

といっても、その時の記憶などあろうはずもありません。

実は、今回の挑戦は記憶そのものへの挑戦ではなく、この世に初めての子どもを授かる両親の立場に立っての、わが子の誕生の喜びを感じ取る挑戦でした。

その幸福の創造にも似た挑戦の、唯一の手がかりは、小中学生の頃、一度だけ覗いたことのある「母子手帳」の中の「命名の由来」欄に書かれていた母親のコメントでした。

どうやら私の名前の「秀」は、豊臣秀吉の「秀」から採ったようなのです。今も健在の両親ではありますが、どうして豊臣秀吉から採ったのかを聞いたことは一度もありませんし、聞くつもりもありません。

このことは私の創造・空想の中にとっておいた方がいいと思っています。

研修では、守護霊の視点に立って、この地上に誕生して来る「0歳」の自分の姿をひたすらイメージしていました。

生まれてくる瞬間の母の姿、そして、それを待ち受ける父や祖父母の姿などを思い浮かべながら、私の将来に対する家族の期待などを、あらためて感じ取らせていただきました。

「私はこれまでの53年間、この地上に生を受けた時の家族の大きな期待に、どれだけ応えて生きてくることができたであろうか。」

その仏の思いにも似た家族の願いを思い浮かべてみると、もう一度、原点に戻って、これからの与えられた人生を精一杯生き抜いていこうと思った次第です。

これからもよろしくお願いします。(感謝)


次回、3月16日(日) 
14:00〜16:00
生涯反省研修(入門編)
第2回(父親・母親の反省)


いよいよ、この地上での最大の「人間関係」、「両親」にスポットを当ててまいります!


(^O^)/


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「恐怖心」を「感謝の思い」で消しこんだ!20140222 | トップページ | 「謙虚さからの出発」20140227 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/55128787

この記事へのトラックバック一覧です: 「生涯反省」〜この地上に生を受けて〜 :

« 「恐怖心」を「感謝の思い」で消しこんだ!20140222 | トップページ | 「謙虚さからの出発」20140227 »