« 「仏」中心の発想 20140131 | トップページ | 「今までのやり方」が通じなくなったときの対処法 20140204 »

2014年2月 1日 (土)

「掛け算」のような大きな仕事 20140201

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「掛け算」のような
 大きな仕事

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


皆さんは、主が一年前、「太陽に恋をして」〜ガイアの霊言〜で語られた言葉を覚えておられるでしょうか。


「この十年以内に、霊性革命は起きる。したがって、各自努力されよ」というわけです。
年初に言ったことは、少なくとも一年後には、「こういうことであったのか」と思うことが起きているはずだと思います。(「太陽に恋をして」より)


今、この言葉を実証するかのように、毎日、毎日、様々な出来事が起きていますよね。

毎朝、新聞の一面を見るたびにその驚きを隠せません。


今、主の言葉の上に、着実に、未来が築かれています。


本日開示する新たな守護霊霊言「NHK籾井勝人(もみい・かつと)新会長・本音トーク・スペシャル−タブーにすべてお答えする−」 もその一つでしょう!


本日、2月1日(土)
15:00〜16:45(約100分)

NHKの関係者はもちろん、マスコミ関係者、政党関係者、自衛隊関係者、幸福実現党支持者・ファン層、保守層、NHK受信料に不満のある人まで、信者・一般を問わず幅広くおすすめ出来る、まかに圧巻の本音トークです!

私もこれならNHK受信料を払う価値あり!と思いましたよ。(笑)


超・オススメ!


o(^-^)o


さて、皆さんは、

「掛け算」のような大きな仕事、ってどんな仕事だと思いますか?


経典『忍耐の法』には、次のようなお言葉を頂いています。


……………………

私は、幸福の科学についてきてくれている信者や職員などの各個人にも、知識や智慧、経験、精神力などを身につけて、成長していただきたいと思いますが、

それと同時に、当会が、「チームワーク」によって、組織として大きな仕事をなしていく練習を、本格的に始めていかねばならないと思います。

それが今後の課題です。

人間一人でできる仕事は小さいものです。しかし、大勢が力を合わせれば、大きな仕事ができるようになります。

単なる「足し算」ではいけないのです。一人でできる仕事を二人がしたら、「一足す一」で「二」になり、五人であれば「五」になり、十人であれば「十」になりますが、それだけでは駄目なのです。

大勢の人が一緒に仕事をすることによって、「掛け算」としての大きな仕事ができるようになっていかなければなりません。

そうした、波及効果のある、付加価値の高い仕事をなしていくために、そして、大きな組織がもっともっと力を持てるようになるために、当会を引っ張っていくことが、これからの私の仕事です。

それを一つの目標とし、世界への導きを志すことが、私についてきてくださる人々の使命であると思います。

(『忍耐の法』第2章「試練に打ち克つ」p159)

………………………


あなたの仕事の仕方は、「足し算」ですか?

それとも力を合わせた「掛け算」で大きな仕事になってますか?


今日から、しっかりと実践していきたいと考えております。o(^-^)o


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 「仏」中心の発想 20140131 | トップページ | 「今までのやり方」が通じなくなったときの対処法 20140204 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/54820385

この記事へのトラックバック一覧です: 「掛け算」のような大きな仕事 20140201 :

« 「仏」中心の発想 20140131 | トップページ | 「今までのやり方」が通じなくなったときの対処法 20140204 »