« この世での勝ち負けを超える生き方 20131220 | トップページ | 「思いは実現する」 20131222 »

2013年12月21日 (土)

ネパール世紀の大発見とネパール支部精舎建立 20131221

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

ネパール世紀の大発見と
ネパール支部精舎建立

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


今日は朝から素晴らしいお知らせです!


現在、釈尊生誕の地・ネパールを救済せん!と取り組んでいる「ネパール支部精舎建立」に熱い念いを寄せて、

昨日、Tさんが、尊い「ネパール支部精舎建立植福」をされ、その信仰心の証として、支部精舎建立祈念堂の壁面に、特別功労者としてのお名前が刻印されることとなりました。

Tさんの将来の夢は、海外勤務の長いご主人とともにマレーシアに住み、アジア伝道をすることです。

夢はきっと叶います!


Tさんのお名前は、幸福の科学大学の未来創造祈念塔(オベリスク)にも刻印されます。

また、全世界伝道祈念植福の記念として、主エル・カンターレの五大陸御巡錫記念「世界宗教への道」DVD&写真集も、授与されます。

Tさん、ほんとうにおめでとうございます。


o(^-^)o


ネパールといえば、11月末に憲法制定議会選挙においても保守のネパール会議派が首位を獲得!!

中道の共産党マルクス・レーニン主義派が第2位となり、懸念されていた毛沢東派共産党マオイストは大差を付けられ第三位に押さえ込まれた素晴らしい大勝利でした。

そして、さらにさらに、保守の大勝利と同じ時期に、

ネパール・ルンビニ考古学発掘において、なんと!仏陀生誕の時代が明らかにされるネパール世紀の大発見があったのです!

ルンビニ発掘調査を行う考古学者らは、ルンビニ園において、紀元前6世紀頃のものと推定される木造の構築物を発見しました。

この発見は、その時代のネパール・ルンビニに、ゴータマ・ブッダが誕生していた事を示唆しています。

そして、それは、ネパールで考えられていたよりも二世紀も遡るものでした。

国内および国際的な専門家によると、この木造構築物は、早ければ紀元前6世紀にブッダの生涯があった事を裏付ける、これまでに発見された最初の考古学的材料であるとの事です。

ブッダの生涯は、これまでのところ文献や口承を通じてのみ知られていました。

ルンビニ聖園内において、2013年1月以来の発掘に関わっている専門家チームは、ルンビニの聖園内にて中央に開口部を含んだ、古代の木材神社に属する未知の構造の遺跡を発見。

この構築物は、(ネパール・ルンビニでの)ブッダの生誕の事実そのものに繋がることになります。

考古学局(DOA)記録保管部の長であるプラカシュ・ダナル氏は、この発見が、古くは紀元前6世紀のルンビニが、ブッダの誕生と仏教の教勢の拡大に関わっていたという主張を裏付ける、確固とした証拠を提供し得たと述べました。

o(^-^)o

いやいや、凄いことになってきました!

今、ネパール全体に大きな主の光が広がっています!

ネパール支部精舎は、釈尊生誕の国ネパールの未来国家創造の基礎であり、ネパール国民の夢と希望です。

この支部精舎が、エル・カンターレ信仰の源流となっていくことでしょう。


Tさん、尊い植福、ほんとうにおめでとうございます。


世界宗教・幸福の科学の実現を目指して、地球の平和と繁栄に奉仕する聖なる使命を果たしてまいりましょう!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« この世での勝ち負けを超える生き方 20131220 | トップページ | 「思いは実現する」 20131222 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/54329246

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール世紀の大発見とネパール支部精舎建立 20131221 :

« この世での勝ち負けを超える生き方 20131220 | トップページ | 「思いは実現する」 20131222 »