« 縁生の弟子たちへのメッセージ 20131212 | トップページ | たくさんの天使が舞い降りた!!! 20131214 »

2013年12月13日 (金)

最後に、全世界の人々に申し上げます。 20131213

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

最後に、全世界の人々に申し上げます。

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


いよいよ、明日、2013年「未来の法」の年の記念すべき御法話『智慧の挑戦』が説かれます。

そして、国師・大川隆法総裁、ワールド・ティーチャー、主エル・カンターレの全世界に向けてのメッセージは、
翌日12月15日(日)、福岡市南区に住む人口25万人を対象に、アミカス高宮にて、衛星録画配信にて、伝えられることとなります。

本来、この内容は、全世界の人々が一人残らず拝聴すべき、最重要の地球の方針であるということを念頭においていただきたいと思います。

昨年2012年12月5日、主は『地球的正義とは何か』の御法話でこのように説かれました。

…………………………

「地球二百カ国の人々が向かうべき方途は、いったいどこにあるのか」「その向かうべき方向は、どちらであるのか」ということが、どこかの国において、誰かによって、必ず説かれなければならないと思います。

ただ、私の言葉が“早すぎる”ため、もしかしたら、五年、十年、五十年、百年とたたなければ、本当の意味は分からないかもしれません。

そういうことを感じつつも、このように、地上において、みなさんに直接お話しすることができる機会は、そう多くありませんので、私の考える「地球が向かうべき方向」について、お話をしたいと考えます。

(中略)

「人権の尊重」ということについては、アメリカのオバマ大統領以下、たくさんの人たちが、世界に対して働きかけています。それは正しい行為です。

しかしながら、人権の奥にあるものも考えなければなりません。それが尊いのは、人間が、神から命を与えられた存在だからです!

だから、ヒューマン・ライツ(人権)のなかで、最も大切なものは、「信教の自由」なのです。信教の自由のないところに、「真なる自由」も「真なる繁栄」も「真なる平和」も来ないのです。

日本のマスコミは自由に報道しているように見えるかもしれませんが、この日本のマスコミにも、程度に差はあります。彼らのなかでも、神の祝福を受けているところと、そうでないところが、はっきりと分かれてきつつあるのです。

しかし、それは当然でしょう。なぜなら、私たちが、善悪を明らかにしつつあるからです。
もし、神や仏、あるいは、霊、あの世というものを否定する方向に言論を抑制するのであれば、これは、中国や北朝鮮の現在の政治体制に屈しているのと同じことです。

私たちは、宗教的真理を求めて活動していますが、同時に、「政治的な自由」「政治的な権利」、また、「この地上におけるユートピアの建設」に向けても、日々、努力しております。

そのなかで、決して忘れてはならないことは、「『神仏の目から見て正しいかどうか』ということでもって、政策を判断し、国の方向も判断していかねばならない」ということです。

答えはすでに、私の数多くの本のなかに書いてあります。今年は八十冊以上の本を出しています(二〇一二年は一年間で百一冊の経典を発刊)。「人間の仕事ではない」ということを、どうか知っていただきたいのです!

最後に、全世界の人々に申し上げます。

幸福の科学は、正義と、それに反するものについて意見を述べます。その内容は、一部の国の政治体制や経済体制、また、信仰に対する態度と矛盾するものがあるかもしれません。

しかし、みなさんは大人になってください。大人になって、「真に正しいものは何であるか」ということを、しっかりとつかんでください。

私の指さす方向に、地球の未来は、必ず開けていきます。
われらが地球的正義を確立するまで、この戦いをやめることは断じてありません。
ありがとうございました。
(2012年エル・カンターレ祭ご法話『地球的正義とは何か』より)


主のお言葉の上に、人類の未来が築かれてまいります。

「代償の法則」(The Law of Compensation)という言葉がありますが、あらゆる万難を排して、主のもとに集っていただきたいと願っています。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 縁生の弟子たちへのメッセージ 20131212 | トップページ | たくさんの天使が舞い降りた!!! 20131214 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/54241055

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に、全世界の人々に申し上げます。 20131213 :

« 縁生の弟子たちへのメッセージ 20131212 | トップページ | たくさんの天使が舞い降りた!!! 20131214 »