« BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 | トップページ | 日本人はなぜ英語が出来ないのか? 20131202 »

2013年12月 1日 (日)

「上昇気流に乗れ」 20131201

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
「上昇気流に乗れ」
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
 
アミカス高宮がとれた!
 
 
12月15日(日)
14:30〜16:00
(時間注意)
エル・カンターレ祭
大川隆法総裁先生
大講演会「智慧の挑戦」
アミカス高宮4階ホール
にて開催決定します!
(衛星録画配信)
 
今日は、そのための決起大会です!(^O^)/
 
…………………………
「上昇気流に乗れ」
…………………………
 
人生には四季がある。
そして誰にも成功の季節がある。
 
要は、その季節の到来をいかにして知り、
いかにして人生の新局面を切り拓くかということだ。
その機に乗じて一気に天まで駆け昇ることができた者は、
大いなる成功を手に入れることができよう。
 
 
しかし私は思うのだ。
 千載一遇のチャンスに恵まれても、
それを活かしうる人の稀少なることを。
 
仏の大いなる御手にすくい上げられても、
みるみるうちにその指の間からこぼれ落ちてゆく人の数知れないことを。
 
 
ひとよ、この辺の機微を知れ。
 
成功のチャンスは成功そのものとはちがうのだ。
 
両者の間に掛けられた運命の梯子を、
一気呵成に駆け昇らない限り、
大いなる達成感は得られないのだ。
 
 
運命の梯子を昇りきるためには、三つの覚悟が必要だ。
 
 
第一は、
押し強い断行の覚悟。
 
第二は、
発展につながる積極的反省の覚悟。
 
第三は、
成功するほどに愛深くなる覚悟。
 
 
成功とは、
大いなる愛を世界に循環させ、
全世界を輝きに満ちたものとすることだと悟れ。
 
仏の子の自分を無限に解き放つことだと知れ。
 
 
さすれば、今こそ上昇気流に乗れ。
 
共に迷妄の雲海を突き抜け、大悟の金剛世界に到らん。
 
(第2の「正心法語」・
「光よ、通え」より)
 
 
さあ、奇跡と感謝の「エル・カンターレ祭」まであと2週間となりました!
 
 
まず、運命の梯子を昇りきるための第一、
 
押し強い断行の覚悟。
 
です!
 
迷うことなかれ!
 
迷いと魔とは一体である。
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 
 
 

« BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 | トップページ | 日本人はなぜ英語が出来ないのか? 20131202 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/54111162

この記事へのトラックバック一覧です: 「上昇気流に乗れ」 20131201:

« BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 | トップページ | 日本人はなぜ英語が出来ないのか? 20131202 »