« 勇気があれば… 20131128 | トップページ | BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 »

2013年11月29日 (金)

クオンタム・リープ(量子的飛躍) 20131129

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

クオンタム・リープ
(量子的飛躍)

☆゜*:.。. .。.:*☆゜


皆さん、おはようございます。(^O^)/


TOEICの結果が返ってきた。個人レベルではあるが、小さなクオンタム・リープが起きた。


そこで、エル・カンターレ祭において、クオンタム・リープ(量子的飛躍)を起こすために必須なキーワードを探るために、経典『勇気の法』をひもといてみた。

そして、その「まえがき・あとがき」を見て、あらためて驚いた。


 ………………………

〔まえがき〕

世の中、勇気のない人間が多すぎる。

ミスを怖れる人間ばかり大量に送り出してきた学校教育は、合格点にはほど遠い。

失敗することを怖れるな。挫折なんか青春の勲章だ。そこから何かをみとるのだ。

志さえ本物であれば、熱血火の如く生きることはできるはずだ。

ハングリー精神を持ってチャレンジし続けることだ。
常に高みを求め続ける精神が、人間を成長させるのだ。
 
死ぬことを怖れるな。

むしろ何事をも成し遂げることなく一生を過ごすことを怖れよ。

日々の言い訳を戒め、一歩も前進せざる自分を叱れ。
 
「智」「仁」「勇」がそろって、はじめて「徳」が完成するのだ。


〔あとがき〕

今はなき実父・幸福の科学名誉顧問、善川三朗は2003年8月12日に、満82歳を目前にしてこの世を去った。

父が、息子でもある私に対して託した遺言は二つある。
 
その1つは、「学校を創らなくてはだめだ。大学まで考えよ。」ということだった。

今、私は、創立者として、『幸福の科学学園中学・高校』を建設中であり、2010年春に開校の予定である。そして、その3年後には『幸福の科学大学』も創立の予定である。
 
父の託した第2の遺言は、「『勇気の法』を出版しなければならない。」だった。

父の最後の言葉を聞いたのは6年近い前だが、ようやくここに『勇気の法』が完成し、出版の運びとなった。感無量である。

霊天上界、はるかに高く微笑んでいる父に対し、本書を捧げる。
 
「父よ、遅くなりました。」「そして、私も、もう満52歳になりました。」

2008年12月   
幸福の科学総裁 
大川隆法

 ………………………


感無量。

もし、自分自身の魂の奥に、クオンタム・リープ(量子的飛躍)を起こす「勇気」があるならば、それを主のために、いや、主とともに使わせていただけるのは、「今」しかないだろう。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 勇気があれば… 20131128 | トップページ | BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/54089717

この記事へのトラックバック一覧です: クオンタム・リープ(量子的飛躍) 20131129 :

« 勇気があれば… 20131128 | トップページ | BE FANATIC!(ビー・ファナティック)20131130 »