« 誰もいないのに声が聞こえる? 20131114 | トップページ | 最大被災地タクロバン三帰者マリアさんは無事!20131116 »

2013年11月15日 (金)

試練から学び尽くす 20131115

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

試練から学び尽くす

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


今日はちょっと今の自分自身を振り返ってみましょう。

主はかつてこんなお話をされました。(^O^)/


優秀な人は、仕事を習い始めのころには、いかに自分ができるかを証明することに血道をあげるものです。

これは、幸福の科学で教えている「与える愛」とは逆であり、まさしく「奪う愛」、称讚を求める愛であると思います。

いかに自分が認められるかということに夢中になって、人の評価が低いと、「これでもか、これでもか」と、もっとがんばるわけですが、がんばればがんばるほど、周りの人は、なぜか知らないけれども、しらけた目で見はじめるのです。これがなかなかわかりません。

みなさんも経験があるのではないかと思います。がんばればがんばるほど、なぜか知らないけれども、周りの評価は逆になってくるということがあるのです。

それは、後のち考えてみると、結局は愛を奪っていたのだということに気づくでしょう。

多くの人からのほめ言葉や称讚を得ようとしてがんばっていると、他の人から見てみれば、それを認めることによって、何か自分から持ち出しが出るような感じ、小遣いが減っていくような感じがするのです。いかにも認めてほしそうに動いている人を見ると、その人をほめたりすれば損をするような気がするのです。

みなさんの周りにも、ほめてほしそうな顔をして行動している人がいませんか。……

そうした人に限って、なかなかそう簡単にはほめてもらえないのです。それで、もっと、ほめてほしそうに活動します。すると、周りの人はますますいろいろなことを言いはじめます。「あいつは目立ちたがり屋だ」というような評価が返ってきます。

そして、ジレンマが始まります。「こんなに一生懸命やっているのに認めてくれない。世の中は不公平だ。人の能力を素直に見ようとしない人たちばかりだ」と考えはじめるのです。

ところが実際は、「人から認められよう、認められよう」と思ってがんばっているあいだというのは、他の人がよく見えることはありません。自分が認められることを中心に考えているときというのは、他の人がよく見えることはなく、他の人は自分を支えるための神輿を担いでいる人だ、というような錯覚に陥っているのです。

すなわち、自分が舞い上がることばかりを考えている人は、決して他の人を幸福にすることはできないのです。

人というものは非常に敏感なものです。その人とつきあって、決して自分が幸福になれないのであれば、遠ざかっていきます。「そういう人とは、なんとか一線を画したい」と思いはじめます。……

したがって、自分がもし挫折のなかに置かれたり、あるいは、絶好調だったのにダウンしたりという試練の期間があったとしても、どうかそれをマイナスだと思わないでいただきたいのです。

その期間にこそ、みなさんの魂は練られると同時に、人びとの心というものがわかるようになります。……

ほんとうは、自分ひとりの力で仕事をしているのではなく、多くの人たちのチームワークによって、仕事が成り立っているのです。

つまり、自分が自己発揮できる前提には、他の人びとの力があるのです。それを忘れてはいけません。

(現在)挫折や逆境の真っただなかにいると思っている人がいたならば、どうか、過去の何年間、あるいは何十年間の自分の生き方を振り返ってみて、バランスを崩していなかったかどうか、また、自分の評価ばかりを考えて、他の人びとを評価することを忘れてきたのではないか、そうしたことを考えていただきたいと思います。……

試練を通り越して、それをみずからの力にまで仕上げた方というのは、光が出てきます。

しかし、試練にただ押し流されている人というのは、どうしてもその影を引きずって、暗さが漂っているように見えます。

試練というものは、そう長く続くものではありませんから、要は、その間にどれだけのものを学べるかということが課題であって、学べるだけのものを学び尽くしてしまうということが大事だと思います。

(『常勝思考(新版)』第一部「常勝の原点」より)


明日、支部にて「両親反省」の実習をします。
「反省」の入口研修に参加してみませんか?


何か「発見」があるかもしれませんよp(^^)q


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 誰もいないのに声が聞こえる? 20131114 | トップページ | 最大被災地タクロバン三帰者マリアさんは無事!20131116 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/53939603

この記事へのトラックバック一覧です: 試練から学び尽くす 20131115 :

« 誰もいないのに声が聞こえる? 20131114 | トップページ | 最大被災地タクロバン三帰者マリアさんは無事!20131116 »