« 唯物論者を説得するのは難しい 20131110 | トップページ | アクト ディファレント ACT DIFFERENT 20131112 »

2013年11月11日 (月)

伝道の基本は、「示・教・利・喜」20131111

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

伝道の基本は、
「示・教・利・喜」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、こんばんは。


昨晩から、フィリピン台風被害のショックが大きくて、何も力になれなかったことがほんとうに残念な思いです。

フィリピン・アンティポロ支部の青年男性とも話しましたが、支部周辺には影響はありませんでしたが、一万人以上の死者という被害の大きさには、「なぜ?どうして?」という疑問しかありませんでした。

なぜ、フィリピンなのかは分かりませんが、昨日の御法話の冒頭で仰っておられたことが思い出されます。

……………………………
・・・はっきり言えば、私たちが戦っている相手は、世界中の唯物論が相手なんです。大変で、数は放っておけば増えていく一方ですね。現代の教育体系や仕事の発展の形から見れば、唯物論者の方が増えていく方向にあると思います。これと戦わねばならないと思いますね。(中略)
ただ、ものに熱中してもいいけども、心を忘れてはいけないし、心の奥にあるところの魂の存在をけっして忘れてはなりませんよ、ということを言っているわけです。人間の本来の魂の姿を忘れて、この世のものだけにとらわれてはいけません。
……………………………

タイではちょうど幸福の科学の講演会があったため、台風30号はベトナム上陸後、大きく右折・北上し、中国へ行きましたが、伝道未だし、頑張らねばなりません。


m(__)m


さて、今日は夜になってしまいました。

明日は、上級チャレンジセミナーの日です。

セミナーの中心は、
伝道の基本であるところの、「示」「教」「利」「喜」のステップを腑に落とし、伝道を心の底から魂の喜びと感じることです。

今回は私も皆さん一緒に一人の受講者として参加させていただきます。
皆さんと同じ立場に立って、12月14日エル・カンターレ祭に向けて、献本、お誘い、伝道に、一緒になってチャレンジしてまいります。

上級セミナーと言っても、あくまで「自己変革セミナー」ですので、
どなたでも遠慮なくご参加ください。

今日、お昼、私も実験してみましたが、ほんとうに素晴らしい内容でした。いい意味での「伝道の反省」にもなります。


ところで、皆さんは、伝道のステップであるこの、
「示(じ)」
「教(きょう)」
「利(り)」
「喜(き)」

を説明できますか?


うまく説明出来ない方は、積極的にご参加くださいね。

なぜなら、これを説明できるようになることで、
もう一段の「悟り」が向上し、間違いなく、幸福感覚がこみ上げてくるからです。


(^O^)/

ところで、昨日、支部のご近所のKさんが入会されました。


「えっ?入会していなかったの?」

と思われるかもしれません。

はい、していなかったのです。
3ヶ月ほど前から、週に数回、支部に顔を出されていましたが、入会には至っていなかったのです。ご本人が自ら決意されるまでは私も進めませんでした。

上の伝道のステップで言えば、「示」のところで、ずっと止まっていたんですね。

つまり、幸福の科学ってどんなところだろう。自分にとってプラスになるところってあるのだろうか。ここにいる人たちと仲間になると、自分にとっていいことあるかな。
なんて、Kさんは、ずっと感じ取っておられたようです。

昨日の夕方、Kさんはいつものように、支部に入って来られました。
支部はとても居心地がいいようです。

すると、Kさん、突然、「憑依(ひょうい)」について質問をされました。

皆さんは、「憑依」って何ですか?と聞かれたら、どう答えますか。

Kさんは、幸福の科学の教えにはまだほとんで触れていません。
なぜなら、支部に来る目的が「心のやすらぎ」だったからです。

Kさんから質問して来られたのはこれが初めてでした。


皆さんは、こんな段階の、Kさんのような一般の方にとって、「憑依」ってどんなイメージだと思いますか?

私も少しずつ説明をし始めて分かったのですが、この段階では、

①うつ病患者
②自殺者
③イタコ(東北地方)
④エクソシスト
そして、⑤総裁先生の霊言

すべてが、「憑依」のグループにひと括りなのです。

ですから、まずは、この5つの種類の違いを説明しました。

すると、どうでしょう?

この5つの種類の違いを説明するなかに、幸福の科学の教えの明確さがハッキリとしてきますよね。

そして、何よりもすごいのは、この説明を上から順番にしていくだけで、
総裁先生の霊言がどれだけすごいことなのかが、腑に落ちていくのですね。

すると、どうでしょう?

幸福の科学の教えを学ぶしか幸福になる道はない!

Kさん、やっと自分から学ぶ気になられたようです。


つまり、伝道のステップで、やっと「教(きょう)」の段階に入ったということなのです。


明日のセミナーでは、このあたりを模索してながら、幸福感あふれるセミナーにしてみたいと思います。


どんどん集まって来てくださいね。


ではでは。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 唯物論者を説得するのは難しい 20131110 | トップページ | アクト ディファレント ACT DIFFERENT 20131112 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/53904541

この記事へのトラックバック一覧です: 伝道の基本は、「示・教・利・喜」20131111 :

« 唯物論者を説得するのは難しい 20131110 | トップページ | アクト ディファレント ACT DIFFERENT 20131112 »