« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

「敵基地先制攻撃」20130830

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「敵基地先制攻撃」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


「敵基地先制攻撃」


4年前の2009年夏、私たち幸福実現党は、慣れない街頭演説にて、この言葉の大切さをどれだけ訴え続けたことでしょうか?


「未来社会は、私の言葉の上に築かれなければならない」(「フォーキャスト」より)


あれから4年。


このお言葉に従って、今、世界が少しずつ動きはじめています。


今日は、リバティweb最新情報よりお知らせです。

o(^-^)o

敵基地攻撃能力保持の議論開始へ 日本は攻撃を辞さない態度を

8月29日 21時07分


小野寺五典防衛相と米国のヘーゲル国防長官が28日に会談し、敵基地攻撃能力について小野寺氏は、「日米の役割分担の一つで、慎重に検討することが大事だ」と述べ、両氏は日本の敵基地攻撃能力の保持について協議を開始することで一致した。10月にも正式に始まる日米の外務・防衛担当閣僚会合で日米防衛協力のための指針の再改定協議で議論していく予定。

敵基地攻撃は、予防攻撃、先制攻撃、攻撃後の反撃がある、日本政府は今回、先制攻撃を想定している。

先制攻撃とは、敵国が日本を攻撃すると判明し、弾道ミサイルに燃料を注入するなどの武力攻撃に着手した段階で、ミサイルを無力化させるために敵基地を攻撃すること。
敵国が攻撃を行う明確な意志を示した場合は、現行の憲法や「専守防衛」の原則に当てはまり、国際法でも認められている。

敵基地攻撃能力保持の議論は、年内に策定される新「防衛計画の大綱」の見直しの中で行われており、脅威とする国も変化している。

1976年は旧ソ連を脅威とし、日本の防衛力は最小限にとどめてできるだけ米軍に依拠する傾向があった。その後1995年と2004年には、冷戦後ロシアの脅威が低下し、「米国一強」を前提としていた。そして2010年は、中国・北朝鮮の存在が増し、今回2013年は、離島防衛と弾道ミサイルの発射元を無力化することを目指している。

オバマ大統領は2011年に「アジア太平洋重視政策」を発表し、これがオバマ政権1期目の外交方針になった。しかしオバマ政権が2期目になり、今年2月にケリー国務長官が就任すると、関心は中東に移りつつある。例えば、今夏にケリー国務長官の仲介でイスラエルとパレスチナ自治政府との中東和平交渉を再開し、シリアではアサド政権が化学兵器を使用したとして、オバマ大統領は軍事介入を示唆している。

日本の敵基地攻撃能力の保持について、米政府は7月の日米外務・防衛審議官級協議では、「近隣諸国にどんなメッセージを与えるか考えてほしい」と慎重だった。しかし、今回の前向きな態度への変化は、急速に中東への比重が高まるアメリカにとって、東アジアの安全保障は、同盟国である日本にアメリカの代わりを担ってほしいという考え方もあるのかもしれない。

その文脈で考えると、敵基地攻撃能力の議論を機に、日本がアメリカとの防衛協力体制を保持し続けながらも、「自分の国は自分で守る」防衛態勢に舵を切るのはもちろんのこと、日本に核ミサイルの照準を合わせる“ならず者国家"に対して、「いざという時には先制攻撃も辞さない」という、独立国家として当然の対応をとるべき段階に来たと言える。(飯)

……………………………

キーワードは、

  「先見力」


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月29日 (木)

天才打者イチロー4000本ヒットの秘密 20130829

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

天才打者イチロー
4000本ヒットの秘密

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/

今日は、ちょっと長いですよ。


皆さんは剣豪・塚原卜伝(ボクデン)をご存知でしょうか?

なぜ、突然、そんな人の話をするかって?

それは最後まで読んでのお楽しみ。


塚原卜伝(ボクデン)は、新刀流の開祖で、剣聖とうたわれた戦国時代の剣豪。

その生涯で、真剣勝負=19回、合戦=37回のうち、負けは無し!

どころか、1ヵ所も疵を受ける事無く、矢疵のみ6ヵ所・・・討ち取った敵は、212人!

見事な戦績。

塚原卜伝は、鹿島神宮の祝部(はふりべ・神職)の首座であった吉川左京覚賢(あきかた)の次男として生まれ、最初は朝孝(ともたか)と名乗りました。

鹿島には、もともと、神官の中に7人の刀術に秀でた者がいましたが、京八流に対して、これを、鹿島七流と称して継承しました。

この鹿島氏には、鹿島城を中心に33の支城がありましたが、その中の一つ・塚原城の城主に世継ぎがいなかった事から、彼が養子となって入り、塚原新右衛門高幹(たかもと)と名乗ります。
(卜伝というのは後に剃髪してから名乗った僧号)

もともと、神妙剣(しんみょうけん)を継承する家柄であるうえ、養祖父の土佐守安幹の手ほどきも受けました。さらに天真正伝香取神道流の創始者である飯篠家直からは、秘剣・一(ひとつ)太刀まで伝授されたと言われています。

もはや16歳くらいの頃から近隣では卜伝の相手になるような者もおらず。そうなれば、さらに腕を磨くために、諸国を巡っての、お決まりの武者修行という事になります。

卜伝は、永正二年(1505年)の17歳を皮切りに、生涯に3度、合計:26年間を、武者修行の旅に費やしています。


こんなエピソードがあります。

ある時、卜伝は柑村織部(かんむらおりべ)という左太刀の達人と立合いをする事になります。

事前に敵の情報を調査し、その調べによれば、織部は左右どちらかの片手斬りで、相手に致命傷を与えるらしいとの事。

そこで、卜伝は、「片手斬りは卑怯な方法であるから、自分との立ち合いの時にはしないように」と、何度も何度も、しつこいくらいに使いを走らせました。

実は、これで、「これほど片手斬りを怖がってるヤツなんて、たいした事ないな」と相手を油断させた。

本番は、開始直後に顔面割りで卜伝の勝利!

また、ある時、蹴りクセのある馬の背後を通ろうとした兵士が、その馬に蹴られそうになり、とっさに身をかわして事なきをえましたが、卜伝は、そのすばらしい身のこなしを褒める事なく、一言「お前は未熟だ!」と、叱責します。

「じゃぁ、どうするのが良いんですか!」と詰め寄る兵士に、卜伝は、まず馬をつないだ後、そこから遠い位置を通って行ったのです。

「こうしておけば、はなから蹴られない」と。


さらに、今度は、武者修行に出た時の話。

近江(滋賀県)の坂本から舟に乗って琵琶湖を渡っている最中、同じ舟に武者修行中の武芸者が乗っていました。

「俺は、立ち合いで負けた事がない!」と自慢話をし始める男。その話を聞いてるうちに、だんだんと、うっとぉしくなってきます。

声はデカイし、ツバは飛ばすし、態度はエラそう。

そこで、卜伝「俺も、剣術では負けた事がないよ!」と、男を挑発。

「剣術は何流だ?」と聞くので、
「無手勝流だ!」と答える卜伝。

「ならば、この場で、ひと勝負!」
という事になり、船頭に頼んで、近くの無人島へ。
相手が先に上陸したのを確認した卜伝は、船頭が手にしていた櫂を、ヒョイと手にとって島を一突きします。
小さな舟は、男を無人島に残したまま、一気に沖へ。
地団駄を踏んでわめき散らす男を置き去りにして
「これが無手勝流の極意なり!」

って、剣は???
剣はいったいどこで使う???
と、ツッコミたくなるくらい、策略に長けた逸話が目だつ卜伝。

「剣は人を殺す道具ではなく、活かす道である」
(卜伝)

きっと強いからこそ、その腕を奮わない。
まさに、剣聖です。

・・・・・・・・・

もうお分かりでしょう!

本日、初開示!

……………………………
「天才打者イチロー
4000本ヒットの秘密」
―プロフェッショナルの守護霊は語る―(90分) ……………………………

8月29日(木)
①11:00〜 ②13:00〜


さらなるエピソード?

8月27日、守護霊が霊言収録のため、東京ご出張中のちょうどその頃(現地時間26日)、ヤンキースの名手イチローがまさかの失策(落球)を犯した。

球際の強さで知られるイチローにしては珍しいミスだった。

やはり、イチローの名守備は、聖剣・塚原卜伝の御守護に支えられるのだろうか。

いゃ〜あ、勉強になりました。必聴の霊言です!


o(^-^)o

熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月28日 (水)

Forcast(フォーキャスト)を振り返る 20130828

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
Forcast(フォーキャスト)
を振り返る
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
 
『未来の法』第5章「希望の復活」のなかには、こんなお言葉が出てきます。
 
……………………………
日本人には道徳心もあります。その意味での精神性はあります。足りないのは、道徳心を超えた「純粋な信仰」だけです。道徳心はあるものの、まだ、それが純粋なる信仰の世界にまで入っていないのです。
……………………………
 
 
皆さんは、「道徳心を超えた『純粋な信仰』と聞いて、どう思われますか?
 
 
今日は、御法話『Forcast(フォーキャスト)』より重要なお言葉を振り返って見ましょう。
 
……………………………
 
〇本章で、私があえて述べたいのは、
「未来社会は、私の言葉の上に築かれなければならない」ということです。
何度でも述べます。
大切なのは「私の言葉」です。
私の言葉こそが、未来に通ずる、極めて重要な事実なのです。
 
 
あなたの心が、
あなた自身であり、
あなた自身の真なる姿です。
つまり、あなたの考えていることが、「あなた」なのです。
一日中、あなたの考えていることが、「あなた自身」なのです。
 
 
今が、その時である。
今こそ知りなさい。
あなたの心こそが、主体であり、現実なのである。
 
 
私の言わんとしていることが、お分かりでしょうか。
あなたは肉体ではありません。
あなたは、何らかの物質から構成されているものでも、
何らかの材料でつくられているものでもありません。
あなたは、目に見えないものでできているのです。
 
 
どうか、私の言葉を信じてください。
どうか、私を信じ、私についてきてください。
私たちは力そのものです。
私たちは創造できるのです。
私たちは創造力があります。
 
 
私たちは未来を創造することができます。
次の時代を創造できるのです。
政治を創造し、経済を創造し、
哲学を創造し、法を創造し、
社会を創造することができますし、
また、家庭や未来社会のモデルをも創造できるのです。
 
 
慈悲は、理想であり、実現すべき夢です。
単なる夢想ではありません。
慈悲は、あなたがたが目覚めたあとも持ち続けるべき
夢であり、
あなたがたは、この未来図を、この夢を、
現実のものにしなければいけないのです。
 
……………………………
 
 
『Forcast(フォーキャスト)』
 
皆さんは、
このお言葉のなかに、
何が見えてきましたか?
 
(^_^)
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 

2013年8月27日 (火)

器の大きなピアニスト 20130827

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

器の大きなピアニスト

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


夏休みも終わりですね。自由課題図書にと、小5の息子の買ってあげた本『ピアノはともだち』
の中に、こんな話がありました。

全盲で生まれ、0歳で有名なピアニストの音色を聴きわけ、2歳で『ジングル・ベル』を伴奏する神童、辻井伸行君の話です。


……………………………
器の大きなピアニスト
……………………………

川上先生は、出会った当初から伸行君にこういっていました。

「伸行君、きみがめざすのは器の大きなピアニストだよ。どんな曲にもチャレンジして、世界中の人を感動させるようなピアニストをめざすんだよ」

何度も何度も川上先生からそういわれた伸行君は、ある日レッスンを終えたあとで、(母の)いつ子さんにこうたずねたそうです。

「お母さん、川上先生がおっしゃる器の大きなピアニストってなんだろうね。お父さんが集めている器のことかな。ご飯を食べるときに使うものがなんでピアノと関係があるんだろうね」

まだ小学校一年生だった伸行君にとって、「器」という言葉の意味を理解するのは難しいことでした。こんな質問をされて、いつ子さんも答えに困ってしまったそうです。

川上先生は、このころ伸行君に対して感じていたことと、「器」という言葉の意味を、こう語っています。

「伸行君は、いろいろな有名ピアニストのCDを聴かせると、それと同じように演奏することができました。また、じゃあ自分なりに演奏してごらんというと、CDで聴いていたピアニストの弾き方にまったく影響されない演奏もできるんです。それは心が純粋無垢で、真っ白だからだと思いました。
私は伸行君の心の純粋さを伸ばすようなレッスンを心がけました。どんな曲でも技術で弾くのではなく、心で弾くようなピアニストになってほしかったからです。そしてクラシックのレパートリーを増やすだけでなく、ジャズや作曲にもチャレンジして、伸行君でなければ演奏できないような、だれにもまねできないようなピアニストになってほしいと思っていました」

技術だけでなく、心の美しさが演奏にあらわれるようなピアニストになってほしい。いろいろな作曲家の曲が演奏できるピアニストであってほしい。川上先生は、そんな意味で「器」という言葉を使ったのです。

川上先生は、伸行君の長所を伸ばすために、演奏中に音楽に集中すると首を大きく左右にふる「ウエービング」の癖もなおしませんでした。ふつうのピアニストは演奏中に大きくからだをゆすったりはしませんが、それをやめさせてしまうと伸行君の演奏のよさが消えてしまうことがわかっていたからです。(中略)

伸行君とのレッスンの前には、川上先生も緊張していたそうです。なぜなら「伸行君はもっている光が強い(すばらしい才能をもっている)ので、何年レッスンを重ねても馴れ合いにはならない」からです。(中略)

「伸行君のもうひとつの才能は、人を引きつける力です。彼が演奏すると周囲にすばらしい人が集まってきて、伸行君にいい影響をあたえてくれます。伸行君はとても積極的なので、そういう人との出会いをのがさずに、自分の力に変えていく。それもまた彼の才能だと思います」

この言葉にも、伸行君の特長が語られています。

……………………………

o(^-^)o

このお話を聞いた皆さんには、いろんな感じ方、受け止め方があるかと思います。ほんとうに奇跡のピアニスト・辻井伸行君の隠された秘密ですよね。


しかし、私が一番心に残っているのは、川上先生の語ったこの言葉でした。


「伸行君はもっている光が強い(すばらしい才能をもっている)ので、何年レッスンを重ねても馴れ合いにはならない」


これはとてもむずかしいことだと思います。

しかし、私もまた川上先生を後ろ姿に続き、人の才能に対して馴れ合いにはならない姿勢を保ち続けたい。いや、一人ひとりの「仏性」という名の才能に対して、馴れ合いにならない精進を重ねたいと、あらためて決意した奇跡のお話でした。


ちなみに、この川上先生のフルネームは、川上昌裕。

NOBLESSE OBLIGE ノーブレス・オブリージ「高貴なる義務」に目覚め、未来を拓くチャレンジャーを育てるために、現在、幸福の科学学園・那須本校にて、音楽の先生として大活躍中です。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月26日 (月)

川の流れ理論 20130826

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

 川の流れ理論

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


最近、いろんな支部からこんな話を耳にします。

「このままでは、何も変わらない」

こんな話も聞きました。

「思い切って脱藩するか!」

「えっ、脱藩?」


これらは、何もマイナス発言ではありません。

むしろ、積極的にもがいているからこそ、出て来る言葉だと思います。


現状維持は後退ですよね。


私は最近、趣味で「秋元康」研究に入りました。

どういう発想(考え方)をすれば、AKB48のような大ヒットを創造できるか、ということを知りたいからです。


秋元氏の『企画脳』という本の中に、
「川の流れ理論」というのが出て来ます。


こんな話です。


川に丸太が何本か流れていて、それが現在の職場環境や自分の位置を表しているとする。

2メートルくらい先に丸太に乗った先輩が流れていて、ここに自分がいて、そして、後輩が2メートルくらい後から流れて来ている。

この川の流れは、延々ずっと変わらないまま。

川の流れの中には、先輩の放送作家がいて、秋元氏がいて、そして後輩がいる。

この順番も、ギャラのランクも、絶対に変わらない。

川の流れのままに一緒に流れて行くつもりなら、その流れにそのまま身をまかせるのが一番楽でいいのだ。


(こんな時、あなたならどうしますか?)


簡単に言えば、その流れのままでいいのか、あるいは、一歩抜きんでていきたいか、どちらかだ。

私は一歩抜きん出る方を選びたいのだが、どうすればいいのか。

秋元氏は言う。

ここは、一度根性を決めて、丸太を一度陸に出し、トラックにのせて走ってから、新しい場所に丸太を流してやるしかないと。

それが出来るかどうか。


放送作家の秋元氏にとっては、それが「作詞」だった。

放送台本を書いて、夜中になってみんなが飲みに行くときに、
「書かなきゃいけないのがあるんですよ」
と断って、丸太を「作詞」という新しい地点まで運んで行った。

それがたまたま当たって、丸太を前に出すことが出来たのだ。


たいていの人は、その川の流れの中で、周りに気づかれるままに、チャプチャプ泳ぎながら前に出ようとし、水をかぶったり、周りの人を濡らしたりするから、「なんだ、あいつ」と文句を言われる。

前を流れている丸太からは、
「なんだ、俺を追い抜こうとしやがって」
というふうに反感も買うし、邪魔にもされる。


大事なことは、

同じ川の流れの中でもがくのではなく、与えられた仕事のノルマをこなし、酒を飲みに行って帰るという日常のリズムから、どうやってはみ出すか。

習い性となった循環の中からはみ出さない限り、同じ川の流れのまま流れて行くしかないのだ。


秋元氏は言う。

全員が全員、「幕の内弁当」みたいになってはいけない。
「うなぎ弁当」や「ロースとんかつ弁当のように、
はっきりとした特色をアピールしたほうがいいと。

「アレもできます、コレもできます」という奴ほど、印象に残らない。


結局、
記憶に残る「幕の内弁当」はないのだ。


さあ、あなたは今日からどうしますか?


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月25日 (日)

多弁な詩人 20130825

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

  多弁な詩人

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


皆さんは、総裁先生のお母様にあたる、中川君子秘書長先生を覚えておられますでしょうか。

もう80歳くらいになられているんですが、まだ英語の勉強を毎日されておられるそうで、一日5単語は必ず書き写して覚えるように頑張っていらっしゃるそうです。

他にも計算ドリルとか、ウォーキングなどされており、毎日コツコツ歩いておられるそうです。

目標として日本一周という地図を作って、今日は何歩歩いたから何県まで歩いたとか、今日は何歩歩いたから日本一周したとか、そういう感じで努力されています。
今はもう日本は軽く制覇し終わり、世界一周の旅に出られているそうです。o(^-^)o

さて、今日8月25日(日)は、皆さん、お待ちかね(?)の全国仏法真理学検定試験の日ですね。

試験範囲も意外と広く、今日、本番を迎えられる皆さんの中には、全部は読めなかったという方もおられることと思います。

しかし、私はあえて申し上げたいと思います。

全部読めなかったことを嘆き、受験することを先延ばしするより、むしろ、それでもあえてチャレンジすることを積極的に選んだ自らの勇気とチャレンジ精神をほめていただきたい。

なぜなら、今日、他の法友とともに、チャレンジすることによって、今日以降の、来年に向けての自らの「教学面」での努力の余地がハッキリと見えてくるではありませんか…。

何はともあれ、
「いくつになっても、チャレンジャーであり続けよ!」ですね。

チャレンジャーの皆さん、ほんとうにおめでとうございます。

今日は最後に、「詩」をプレゼントします。

……………………………

 多弁な詩人


男は、詩人だった。

私は聞いた。

「なぜ、何も書かない?」

男は答えた。

「紙を持っていない」

私は男に原稿用紙を与えた。

男は、原稿用紙を持っていた。

私は聞いた。

「なぜ、何も書かない?」

男は答えた。

「ペンを持っていない」

私は男にペンを与えた。

男は、原稿用紙とペンを持っていた。

私は聞いた。

「なぜ、何も書かない?」

男は答えた。

「机を持っていない」

私は男に机を与えた。

男は、原稿用紙とペンと机を持っていた。

私は聞いた。

「なぜ、何も書かない?」

男は答えた。

「すべてが満たされているから」
                 秋元康

……………………………


皆さんは、この詩から何を感じましたか?

熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月24日 (土)

「成果をあげることは一つの習慣」20130824

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「成果をあげることは
一つの習慣」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


今日は、リバティWEBからの最新記事です。


イチローが日米通算4000本安打の偉業

「成果をあげることは一つの習慣」

8月23日 21時43分


米大リーグ・ヤンキースのイチロー外野手は、21日にニューヨークで行われたブルージェイズ戦に、「2番・右翼」で先発出場。1回に左前打を放ち、日米通算4000本安打の金字塔を打ち建てた。

日米で安打数を通算するのには異論もあるが、4000本安打は、メジャーでもピート・ローズ(4256安打)とタイ・カップ(4191安打)しか成し遂げていない偉業だ。

イチローは、日本で7年連続首位打者に輝き、海を渡った大リーグでも10年連続シーズン200安打以上などの記録を積み上げてきた。また、送球が「レーザー・ビーム」と渾名される並外れた強肩と、内野安打を恐れて内野手が身構えるほどの俊足も合わせ持ち、走攻守すべてで、目の肥えた大リーグのファンさえもうならせてきた。

その功績の背景には、日々、明日のための準備を淡々と欠かすことなく続けていくという努力の姿勢があることは、広く知られている。

小学校の時から、父親に連れられて毎日バッティング・センターに通ったエピソードは有名だが、他にも、動体視力を鍛えるために通り過ぎる車のナンバーを読み取り、足し算をしていたという話もある。

現在でも、ストレッチなどのコンディション調整や、自ら行う道具の手入れなど、成果をあげるための習慣を積み重ねてきた。振り子打法でデビューした打撃フォームも、改良に改良を重ねて今に至る。

ヤンキースの主将としてチームを率いるデレク・ジーター遊撃手は、「イチローに関しては、(コンディション調整で)決して休みを取らないことに最も感心させられる。ストレッチを日々続け、自身の身体を気遣っているからね」とコメントしている(16日付 スポーツナビ)。

日々ベストのパフォーマンスを維持しようとする姿勢は、もはや体に染みついたもののようだ。

23日付東京新聞は、中京大スポーツ科学部でイチローの研究を続ける湯浅景元教授のコメントを引用しながら、イチローが守備や攻撃の合間のわずかな時間を見つけては小まめにストレッチし、常に体をほぐしてコンディションを調えていると紹介している。

経営学者ドラッカーは「成果をあげることは一つの習慣」と喝破したが、それを身をもって示すイチローの姿勢は、仕事論としても学ぶものが大きい。

実のある努力や改善の姿勢を習慣にまで高めていくことで、日々メカニカルに仕事をしていけるようになる。

そうすることで、淡々と仕事をしているように見えながら、着実に成果を積み上げるようになり、やがて非凡の域にまで達する。

年齢にともなう衰えも指摘されるイチローだが、その努力の姿勢から、我々は多くのことを学ぶことができる。日米4000本安打というとてつもない記録に感嘆しつつ、彼の努力のメカニズムを研究してみるのもいいだろう。(呉)

…………………………

やはり、「習慣」が自分自身ということか。

あなたは、どんな「習慣」を持っていますか?


o(^-^)o


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月23日 (金)

初心忘るべからず 20130823

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

初心忘るべからず

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


「初心忘るべからず」


懐かしいですよね〜!

誰もが耳にしたことのあるこの言葉。

実は、知る人ぞ知る、世阿弥(ぜあみ)が編み出した言葉です。

ちなみに、なんと世阿弥は、AKB48プロデューサ−秋元康の過去世。

それを聞くと、なんとなくAKB48の育て方が理解できるような気がしてきます。

この言葉、今では、「初めの志を忘れてはならない」と言う意味で使われていますが、世阿弥が意図とするところは、少し違っていました。

世阿弥にとっての「初心」とは、新しい事態に直面した時の対処方法、すなわち、試練を乗り越えていく考え方を意味していたのです。

つまり、「初心を忘れるな」とは、人生の試練の時に、どうやってその試練を乗り越えていったのか、という経験を忘れるなということなのです。

世阿弥は、「風姿花伝」を始めとして、度々「初心」について述べていますが、晩年60歳を過ぎた頃に書かれた『花鏡』の中で、まとまった考えを述べています。


その中で、世阿弥は、

第一に『ぜひ初心忘るべからず』。

第二に『時々の初心忘るべからず』。

第三に『老後の初心忘るべからず』。

の、3つの「初心」について語っています。


①「ぜひ初心忘るべからず」

若い時に失敗や苦労した結果身につけた芸は、常に忘れてはならない。
それは、後々の成功の糧になる。若い頃の初心を忘れては、能を上達していく過程を自然に身に付けることが出来ず、先々上達することはとうてい無理というものだ。
だから、生涯、初心を忘れてはならない。


②「時々の初心忘るべからず」

歳とともに、その時々に積み重ねていくものを、「時々の初心」という。若い頃から、最盛期を経て、老年に至るまで、その時々にあった演じ方をすることが大切だ。
その時々の演技をその場限りで忘れてしまっては、次に演ずる時に、身についたものは何も残らない。過去に演じた一つひとつの風体を、全部身につけておけば、年月を経れば、全てに味がでるものだ。

③「老後の初心忘るべからず」

老齢期には老齢期にあった芸風を身につけることが「老後の初心」である。老後になっても、初めて遭遇し、対応しなければならない試練がある。歳をとったからといって、「もういい」ということではなく、その都度、初めて習うことを乗り越えなければならない。
これを、「老後の初心」という。


このように、「初心忘るべからず」とは、それまで経験したことがないことに対して、自分の未熟さを受け入れながら、その新しい事態に挑戦していく心構え、その姿を言っているのです。

その姿を忘れなければ、中年になっても、老年になっても、新しい試練に向かっていくことができる。失敗を身につけよ、ということなのです。

今の社会でも、さまざまな人生のステージで、未体験のことへ踏み込んでいくことが求められます。

世阿弥の言によれば、「老いる」こと自体もまた、未経験なことなのです。そして、そういう時こそが「初心」に立つ時です。それは、不安と恐れではなく、人生へのチャレンジなのですね。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月22日 (木)

“REIGEN”(霊言)が公式英語になる日も近い!? 20130822

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
“REIGEN”(霊言)が公式英語になる日も近い!?
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
 
8月19日(月)付の東スポ(東京スポーツ新聞)1面に、こんな記事が、デカデカと載った。
 
 
 
 
 
以下、記事そのままの内容をお伝えします!
 
 
……………………………
 
「幸福の科学」の大川隆法総裁に守護霊召喚してもらえ
 
解決に向けて進展する気配がない「CHAGE and ASKA」のASKA(55=飛鳥涼)の“薬物中毒騒動”について、ビートたけし本紙客員編集長(66)が毒ガスを放った。それは「『幸福の科学』の大川隆法が飛鳥の守護霊に乗り移って、本当に覚醒剤をやったのか聞けばいい」という仰天提案。実はたけしも先日、自分の守護霊と「幸福の科学」信者との対談本「ビートたけしが幸福の科学に挑戦状」を勝手に出版されており「オレの守護霊にしゃべらせるのなら飛鳥の守護霊も出せ」とぶった斬った。
 
 
(本文記事にはこんな内容が・・・)
 
 
…あとひどいのが大川隆法の「幸福の科学」。オレの守護霊と対談したとか言って勝手に本出してんだ(笑い)。あんなのアリかよ? オレの守護霊に大川隆法が乗り移って、信者と勝手に対談してんだよ。
 
 オレの守護霊が「何だその質問は」とか「お前らはまだ甘い!」なんて怒ってんの。それから「オレは総理大臣になんかならない」とも言っていた。そりゃ確かになる気はないけど、あれこそ「なりすまし」って言うんじゃないの?
 
 それから「文句あるなら講談社に殴り込め。オレは行った。お前らは体張らないからダメなんだ」なんて言ってんの。そんなのオレが言うわけないって(笑い)。こんなの本気にする読者がいたら「お前、まだそんなこと言ってんのか」って思われちゃうよ。
 
 アイツら、田原総一朗の守護霊とも勝手に対談してんだよ。そのうちAKB48の守護霊とか出てくんじゃないの? いっそのこと壇蜜の守護霊とか出してエロ話でもやってくれないかな。
 
 向こうが本を送ってきたから読んだけど、ゲラゲラ笑っちゃった。口調も「オイラは・・・」なんてオレの話し方になってんだけど、守護霊はオレの口調なのか? 「昔はオレもオンナ遊びしたけど」なんて守護霊が言うわけないじゃん(笑い)。
 
 守護霊なら勝手にしゃべっていいのか? だったら飛鳥の守護霊も出して対談してほしいよ。「本当にあなたは覚醒剤をやったんですか?」って。そうしたら飛鳥の守護霊が「YES」って言うのかな?
 
……………………………
 
そ・し・て・
 
昨日、月末ツアーの件で、JTBのTさんと打ち合わせをしました。
Tさんは一昨年のスーパーアリーナツアーから幸福の科学の担当をしてくださっている若手エリート。それ以来、すでに300人を超える信者のツアーを担当してくださっています。
 
打ち合わせが一段落した時に、私はこう切り出しました。
 
私「ところで、JTBさんの中にはマーケティング部ってあるんですか?」
Tさん「本社の中にはあります。」
私「宗教団体を専門に担当している部署もあるのでしょう?」
Tさん「M課長などは、以前がそうでした。」
私「うちって、他の宗教団体と、まったく違うでしょう?」
Tさん「(笑)そうですね、皆さん、なにか、柔軟というか、明るいというか、普通、宗教団体というとお寺さんで、毎月第何、何曜日とかにどこどこに参拝するとか、お決まりの日程があって、一般企業とはずいぶん違う・・・・」
私「うちは、一般企業以上に、毎回、コースが違って、よく変更するし・・・(笑)」
Tさん「(笑)、M課長も、最初お会いしたときはお寺さんみたいなイメージで伺ったんですが、どうも違っいた・・・」
私「ずいぶん固い感じで、構えておられましたよね、はじめは…(笑)」
Tさん「(笑)、そうですよね・・・」
 
私「実は、そのマーケティングなんですが・・・どこかでご提案しようと思っているんですが…こうこうのが出たんですよ。」
 
(最新霊言経典「AKB48ヒットの秘密」を見せながら…)
 
 
  
 
 
Tさん「へぇ〜!」
私「秋元康ってご存知でしょう? この本は、秋元康の守護霊霊言ですが、どうやってAKB48が大ヒットしたか、その秘密が余すところなく語られているんですよ。本当に秘密中の秘密ですから、なんとこの本、ビニールで覆われているんです、いわゆるビニ本です(笑)」
Tさん「へえ〜」
私「今度、霊言そのものを一度皆さんにお見せしますから…また、ちゃんとご提案しますね。何せ、誰にも明かしたことのないAKB48のヒット秘密を話していますので…」
Tさん「はい、ありがとうございます」
 
まあ、こんな感じで、JTB九州内での霊言学習会も実現する可能性も出てまいりました。
 
現在、JTB九州内では、担当のTさんとお二人の課長が「金正恩の霊言」は、しっかりと読んでくださっていて、中国・北朝鮮に対しては仕事上もかなりの警戒感を持っておられます。
 
ですから、今はあえて「霊言」の説明はしなくてもいいのです。
 
まあ、こうやって地道に進めていると、いつしか、「霊言」が“REIGEN”となって、「公式英語」として世界中に広まることでしょう。
 
 
来週の火・水の祈願祭では、本霊言をテキストに、「AKB48のマーケティングセミナー」を、支部信者限定で開催する予定です。まあ、企業の企画担当者であれば、その目次を見ただけで、ヨダレが出るくらいおいしい中身ですよ、これは…o(^-^)o
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 
 

2013年8月21日 (水)

「AKBは女の子たちの東大なんだ」 20130821

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「AKBは女の子たちの
東大なんだ」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


ついに出ました!

公開霊言「マーケティングの天才・秋元康に学ぶ―AKBヒットの秘密―」

2013年7月28日収録

今日はリバティWEBより抜粋です!(^O^)/

ちょっと長いです。

……………………………

AKB48のプロデューサーとして知られ、作詞4000曲以上、80曲を超える作品がチャート1位、シングル総売上げも歴代1位と、「天才」の名をほしいままにしている秋元康氏(55歳)。

その「ヒットし続ける秘訣」は、どこにあるのか?「時代の仕掛け人」にマーケティングの秘密や成功の秘訣を聞き、さらに「霊的なルーツ」をも聞こうと、秋元康氏の守護霊インタビューを試みることに。

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁による公開霊言によって、秋元氏の「本心」が明かされた。そして意外な「過去世」も。

秋元康氏は、いわずと知れた「AKB48の仕掛け人」。AKB48は今や「社会現象」とも言える大ヒットグループになり、「AKB総選挙」は本家の国会議員選挙も顔負けな盛り上がりを見せるなど、そのヒットし続ける手法は各界から注目を浴びている。

秋元氏についても、様々なメディアが取り上げ、その「秘密」を探ろうとしているが、秋元氏自身はなかなか「本心」まで明かそうとはしてないようだ。また、そのマーケティングの手法は、どの世界でも成功する秘訣を秘めているが、いまだナゾの部分が多い。

なぜ、秋葉原の小劇場からスタートした素人集団のAKBが、スターダムにのしあがり、社会現象にまでなったのか。秋元氏自身は「結果論です」「戦略を持っていないことが成功の秘訣」など、煙に巻くような発言を繰り返すが、その「本心」を探りたいところだ。

大川隆法総裁は、史上最高の霊能力者でもあり、故人の霊や、生きている人の守護霊をたちどころに呼び出して、「霊言」をさせることができる。「守護霊」とは、本人の過去世の魂でもあり、潜在意識の一部でもある。つまり、「本人以上に本人を知っている存在」であり、本人が表面上語らないことも「本心」として語る。マンガのふきだしで言えば、点線で「心の声」として出てくる部分だ。「本音と建て前」を使い分けている、その「本音」の部分と言ってもよい。

果たして、天才プロデューサー、秋元康氏の「本心」は、どのようなものだったのか?

大川隆法総裁に招霊された秋元康氏の守護霊は、最初は戸惑った様子で、「本心」を語るのをいやがっていた。

「まだ呼ばれるような立場じゃないと思うんだけどなあ」「私は、裏方なんです」「人物研究され始めたら、だいたいもう終わり、というか、棺桶に入る」

など、あくまで黒子に徹し、表に出るのをいやがる素振りを見せた。

だが、対話者が「ターゲットを明確にしているんですか?」と質問すると、少しずつ、AKBのマーケティングの「秘密」を語り出した。

AKBが小劇場の会いに行けるアイドル」からスタートし、徐々に口コミやネットで広がり、社会現象にまでになるには、並大抵の努力や方法論ではあるまい。秋元氏の守護霊はその方法論を明かしつつも、大川総裁が冒頭に「イチローみたいに一塁打を打ち続けている」と自身を語ったのを受けて、「いや、こっちも一緒ですよ。一塁打、ないしは振り逃げばっかりやっているので。とにかく、もうやれることは何でもやってますよ」と、泥臭い努力の大切さを強調した。

このようにスターたちを生み出す秋元氏の「人生観」は、どのようなものなのだろうか?

霊言の中で、たった一回、守護霊が気色ばんだ部分がある。それは、対話者が「中学受験の時に、開成中学に失敗したということが……」と質問しようとした時だ。

「ずいぶんキツイ弾が来るなあ」「そこから来たかあ」

秋元氏にとって、ここを突かれるのは、かなりのアキレス腱のようだ。やはりコンプレックスがあるらしい。

「まあ、もう一つの出世コースつくってんだよ、はっきり言えば。だからさ、AKBは、もう一つの東京大学なんだよな。女の子たちの東大だ。そこへ入学すれば、みんながスターになれるという」

秋元氏が開成中学から東大というコースから外れたという「劣等感」をバネにして、自らの「夢」をAKBに託し、スターになりたくてもなれない大多数の女の子の「夢を追える存在」として、AKBをつくり上げたという、「秘話」が明らかにされたのだ。

秋元氏の守護霊は、その後も、さまざまな質問に対して答えてくれた。

「一見普通の女の子の中に、ダイヤモンドになる素質を見つけていく秘訣は?」

「そういう子を見つけるチェックポイントは?」

「現代における人気者をつくり出す秘訣は?」

「人気がない時から、成功をしていくための秘訣は?」

「時代の読み方について教えていただきたい」

「飽きられないための工夫は?」

などの質問に対して、秋元氏ならではの「秘訣」や「秘密」を、守護霊が明かしていく。どれも、目からウロコのような話ばかりだ。

そして、話が「過去世」に及ぶと、「歌舞伎や能や、そんな系統の人だろう」と言い、教科書にも載っていて、日本人なら誰でも知っている人物の名前を明かした。


さらに、幸福の科学や幸福実現党に対しても論評し、大川隆法総裁に対してどのように見ているかについても、こう語った。

「私は、大川先生はね、ちょっと異業種ですけど、畏敬の念を持って見ていますので。やっぱりすごいですなあ。日本人としては、別格ですよ」

芸能の分野でトップを走り続ける秋元氏は、本心では、現代の宗教のトップランナーとなっているばかりか、数々のオピニオンで日本と世界をリードする大川隆法総裁に対し、畏敬の念で見ているようだ。

本来、能や歌舞伎も宗教から派生したものであり、現代の芸能界の俳優やスターたちも、「その人になりきる」という意味では、一種の「霊媒」のようなものだ。数々の作詞も手掛ける秋元氏は、その根本において神仏や霊界からのインスピレーションを受け取り、それをこの世で「多くの人に夢と希望を与える」という形で表している、一種の宗教家と言えるかもしれない。

実際、秋元氏の守護霊は、こんな言葉も口にした。

「私たちだって、ある意味での、宗教の別形態かもしらん。宗教っていうのはもう、国丸ごと広がることがあるからねえ」

秋元氏の守護霊は、「人気」の秘密を語りつつ、幸福実現党、幸福の科学に対してもエールを送り、「AKBの次」についての戦略も考えていることも匂わせた。

霊言終了後、さらにびっくりする事態が起きた。

なんと、AKBのセンターとして活躍し、"卒業″後も女優・歌手として大活躍中の前田敦子さんの守護霊がメッセージを送ってきたのだ。

「はじめまして。前田敦子の守護霊です」

で始まるこのメッセージは、本霊言の書籍の中に「付録」として収録される。ぜひ書籍をご一読いただきたい。
……………………………


試験が終わったら、ゆっくり読んでみたい一冊ですね。

なお、立ち読みは出来ません。ビニール本?になっていますから。


o(^-^)o


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月20日 (火)

「エリア51」はあった 20130820

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「エリア51」はあった

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/

〓「エリア51」はあった=CIA確認、UFO説は「? 」―米西部
時事通信 [8/18 11:29]がこんな記事を出した。

……………………………

【ワシントン時事】米政府が宇宙人を収容したり、未確認飛行物体(UFO)を保管したりしているといった説がささやかれる舞台となってきた西部ネバダ州の「エリア51」と呼ばれる区域について、中央情報局(CIA)は17日までに、存在を初めて公式に認めた。

ただ、偵察機U2の実験場だったと説明されている。

CNNなど米メディアが公開された機密文書を基に伝えた。ラスベガス北西約200キロにあるエリア51はUFO研究家らの間で長年、宇宙人やUFOの存在を米政府が隠している場所ではないかと指摘されてきた。

しかし、公開された文書は「宇宙人解剖室にも宇宙船着陸場にも触れていない」(CNN)。

文書にはエリア51を示した地図も含まれており、これまで広く知られてきた場所と一致しているという。
U2は冷戦時代からソ連の偵察などに使われてきた。
……………………………

そして、その夜、リバティWEBはこう書いた。

(^O^)/

アメリカでUFO会議開催
「来たるべき霊性の時代に備えよ」

8月18日 22時28分


8月9日から11日にかけてロサンゼルス郊外で、40名からなる著名なUFO研究者が一堂に会するUFO会議「コンタクト・イン・デザート」が開催され、多数のマニアが参集した。

その一部を紹介してみよう。

ベストセラー作家でヒストリーチャンネルでもおなじみの古代文明研究家のデヴィッド・ウィルコック氏は、マヤ歴のサイクルを研究。地球滅亡を騒がれた2012年12月21日は一つのサイクルの終わりであり、次なる始まりでもあるという。

彼によると30以上の古代文明に「この偉大なるサイクルは崇高なゴールデンエイジの到来を告げる」という同一の予言が残されているという。彼は、それを告げ知らせる宇宙人の存在も研究している。

地球の宇宙人情報を暴露するディスクロージャー・プロジェクト創設者スティーブン・グリア医師は、アメリカが隠蔽するUFOテクノロジーの開示を訴え続けている。

彼はまた、スピリチュアルなCE5という宇宙人とのコンタクト法を独自に確立。4時間のセッションでこのコンタクト法を指導した。

エキソポリティックス(宇宙政治学)のエキスパート、マイケル・サラ博士も、実際に遭遇するのに前もって必要なのは、この霊性のトレーニングと修養だという。それは宇宙船に乗って来るETとの遭遇だけではなく、進化した霊的存在との遭遇のためでもあるという。

これらの共通のメッセージは、「宇宙人とのコンタクトには高度な霊性が必要」「来るべきゴールデンエイジの予感」である。

ハリウッド映画の宇宙人映画の多くは地球侵略系で、宇宙人は恐怖の対象となっているが、彼らのように宇宙人は平和で友好的であると考えるUFO研究者も多い。

実際には大川隆法・幸福の科学総裁による、数々の宇宙人の魂のリーディングによって、「平和的な宇宙人から好戦的な宇宙人まで、いろいろいる」ことが判明している。

いずれにせよ、宇宙人は高いテクノロジーを持つとともに霊的でもある。宇宙に扉を開くには、霊性に目覚め、平和裏に宇宙人と手を結ぶべきことが多くの研究でも今、明らかになりつつある。(純)


o(^-^)o


この研究、おそらく2015年春開学の、幸福の科学大学が引き続きことになるであろう。

熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月19日 (月)

「天動説」と「地動説」20130820

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「天動説」と「地動説」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


「天動説」と「地動説」という言葉があります。

天動説とは、「太陽が地球の周りを回っている」という考えであり、
地動説とは、「地球が太陽の周りを回っている」という考えです。

私たちの日常生活の感覚からすると、天動説のほうが正しいように見えますが、実は、ものすごい速度で地球は太陽の周りを回っているのです。

しかし、現実の感覚としては、「自分たちは止まっていて、太陽のほうが、自分たちの周り、地球の周りを回っている」というように見えますし、古代の人は長らくそう信じていました。

この天動説のように、「自分のほうは動かず、自分を中心として世間が動いている」と考える人がいます。

これは錯覚ではあるのですが、毎日、生きていると、自分中心にすべてが動いているように感じてしまうのです。

例えば、家庭で言うと、ご主人を中心に動いていたり、奥さんを中心に動いていたりしていないでしょうか。

そのように、「自分を中心に周りが動いている」
「世間の人は、全員、自分に合わせて動くべきだ」と考えがちなのです。


人間には、こうした“天動説型の人間”と、“地動説型の人間”とがいます。

地球は、太陽の周りを回りながら、さらに自転もしているのですが、このことを地球の上にいながら見抜くのは、とても難しいことです。

長時間露光で夜空の写真を撮ると、星が動いていることが分かります。


以前、ハワイへ説法に行ったときに、レストランで夜景を見ながら食事をしていたら、星がどんどん動いていくのが見えました。そのときに、やはり地面のほうが動いているとはなかなか思えませんでした。空のほうが動いているか、星が流れているように見えます。

しかし、この錯覚を正さなければいけません。実は、この天動説型の錯覚が、あなたがたの不幸の原因になっているのです。

要するに、「自分中心の考え方、天動説型の考え方を改めなさい。そうすれば、人間関係でも改善があるし、仕事の面でも根本的な改善があるのだ」ということです。

「自分たちのほうが動かなければいけない」という、地動説型の考えは、仕事の面においては、「お客さまへのサービス」という考えになります。

逆に、仕事において天動説を採るとどうなるかというと、「うちの商品のどこが悪いのか。買わないのは客のほうが悪いのだ」と考えるようになります。あるいは、自分の店が潰れたことを、「あそこのスーパーのせいだ」「あそこのデパートのせいだ」と考え、鉢巻きをして、スーパーやデパートの進出に対する反対運動をするようになります。

しかし、お客さまを中心に考えるならば、やはり、お客さまにとって、より良いサービスを提供したところが生き残るべきです。

大手には大手の良さがあります。商品を大量に扱えるので、品揃えが豊富で価格が安いなど、良い面があるのです。

したがって、小さい店が生き残るためには、大手ができないことをするしかありません。

例えば、こまめにお客さまのところを訪問して御用を伺うなど、大手ができないサービスを提供することです。あるいは、大手が扱わないものを扱うことです。そのように、お客さまに必要なものを提供していく姿勢が大事です。

基本的には、地動説型か天動説型か、この二つのパターンのどちらかなのです。自らの考え方がどちらの側に寄るかによって、幸・不幸も、成功と失敗も分かれてくるのです。
(『心を癒すストレス・フリーの幸福論』より)


あなたは「天動説」型?それとも「地動説」型?


o(^-^)o


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月18日 (日)

「知的正直さ」20130818

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

 「知的正直さ」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


かつて、主は、幸福の科学学園第1回入学式(2010年4月7日)にて、御法話をこう締め括られました。

…………………………

信仰心ある人であるならば、「知的正直さ」という言葉を大事にしてください。

そして、学問的な天才が簡単にできると思わないでください。「天才と言われている人のほとんどは、努力の継続によって成り立っている」ということを知っていただきたいのです。

また、「勉強ができるだけで終わりではない」ということ、「大学に入るところで終わりではない。それは入り口にしかすぎない」ということを知ってください。

「幸福の科学学園を卒業し、社会に出て仕事ができるようになり、世の中の人々のために役に立つ人間になって初めて、幸福の科学学園生と言える」と述べておきたいと思います。そうなってこそ、ご両親に対して恩返しができるのです。

今朝も、いろいろな方が挨拶で「感謝・報恩」と言っていましたが、幸福の科学学園ができるに際しては、数多くの方々が助力をしてくださいました。

この大川隆法記念講堂の入り口前には、学園建設に尽力された方々の名前が刻まれた銘版があります。そこに刻まれているのは、みなさんのご両親ではない方々の名前です。

みなさんと直接には関係のない方々、血のつながりもない方々が、未来の日本や世界を背負って立つ人材のために、寄付をしてくださったのです。

幸福の科学学園は、そういう方々の熱い情熱が加わってできている学園なのです。

また、幸福の科学学園では、先生たちも、教育への情熱で熱く燃えています。

みなさん、どうか、それを受け止めてください。

人間の能力に大きな差はありません。「努力に勝る天才なし」ということを、信仰において学んでいただきたいのです。

他の学校に負けるような、凡庸な学校には、絶対に、したくありません。ぜひ、「日本中から、そして世界から、注目を浴びて当然である。それが当たり前である」と言えるような学校にしたいと考えています。

『真のエリートを目指して』より

…………………………

第1回入学式から3年が経ちました。

この奇跡の学園にて、この3年間、どのような授業がなされてきたのか。

今日、これから育っていく天才の卵たちに、そして、大人である私たちにも、その模擬授業に参加し、大きな“夢”を見るチャンスを与えてくださいました。


『天才児養成大会』
 in福岡正心館

主より、日本から天才児を1000名輩出し、国を変えよ、とのご教示!!

【福岡正心館】
8月18日(日)

“今日はあなたも学園生!”

◎特別ゲスト:チアダンス部顧問・桜沢先生

幸福の科学学園公開授業をしていただけます!!
「だれでも楽しい世界史の授業&チアダンス部最新情報」

幸福の科学大学を目指す、学園生の様子もお伝えいただけます。

赤ちゃんから年配の方まで、礼拝堂で、どなたでも受けられます。

《プログラム》

3階礼拝堂にて

12:00入山式〜

12:30〜14:30
①大人「天才教育の指針十箇条」2箇条
(大人6千円目安)

14:45〜16:00
②桜沢先生の学園公開授業「楽しく学べる世界史&チアダンス部最新情報」(感謝奉納)


今日、あなたは、今までに味わったことのない未来への希望という“夢”に出会う!

申し込み忘れた方も、直接、お越しくださいね。

o(^-^)o

熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月16日 (金)

釈量子党首ら幸福実現党が靖国参拝 20130816

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

釈量子党首ら幸福実現党が靖国参拝

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/

終戦記念日の昨日、釈量子党首ら幸福実現党が靖国神社を参拝しました。
以下、リバティWEB最新ニュースからの抜粋です。

……………………………

「先の大戦は聖戦だった」

自虐史観の払拭を掲げる宗教政党「幸福実現党」の党役員や党員約40人が15日、大戦で亡くなった300万の英霊に哀悼の意を表すべく、靖国神社に参拝。釈量子党首は「戦後68年目の今日、日本の誇りを何としても取り戻す、という決意を新たにさせていただきました」と語った。

同党の関係者は、早朝7時半に第一鳥居前に集まり、釈党首を先頭に参道を進み、神社の本殿に上がって「昇殿参拝」を行った。どの政党よりも「慰霊」の意味をよく理解している釈党首は、終始落ち着いた様子で、拝殿から回廊を通って本殿に進み、玉串奉納を行った。

参拝後、釈党首は、「日本の誇りを取り戻す」ことを英霊に誓ったことを話し、参拝に訪れない安倍晋三首相に対し、「日本を守るために命を捧げられた英霊の皆様方へ感謝と慰霊の想いを伝えられないというのは、日本の首相としていかがなものかと思います」と指摘。今後、安倍首相に対し、10月に執り行われる秋の例大祭などでの参拝を強く求めていくと明かした。

その後、東京・赤坂の同党本部ビル「ユートピア推進館」に場所を移し、「終戦の日 英霊への慰霊と感謝の集い」を行った。

釈党首が、「先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたもの」「アジアの同胞を解放するための聖戦」「先の『河野談話』『村山談話』は、遡って無効であることを宣言する」とした「大川談話―私案―」を読み上げ、祈願式を執り行うと、多くの参列者が涙を流し、英霊たちに思いを馳せた。2回に分けて行われた集いには、合わせて約600人が参列した。
大川談話の意義について、釈党首は「先の大戦は、欧米の植民地支配を打ち砕く聖戦であり、日本神道の神々の熱き思いを実現したものということで、河野・村山談話における自虐史観を払拭するという大きな霊的な意味もあると思います」と話している。

政治家の靖国参拝は、政治問題として取り沙汰され、悪質なメディアによって外交問題化されるなどしてきた。しかし、15日は厳しい猛暑の中、多くの人々が参拝に訪れ、列がとぎれるどころか、参道は参列者で埋めつくされた。たとえ学校教育で「日本は先の大戦で悪いことをした」と教わったとしても、人々の心から真実は消えないということなのかもしれない。

先の大戦を正しく評価し直すとともに、「慰霊」「供養」について考える夏としたい。(光)

……………………………

さあ、お盆も終わり、いよいよ、新創世記元年の霊性革命も後半戦に入ってまいりました。

後半戦のテーマは、

  『夢人間』

あなたは、どれだけ『夢』を描くことができるだろうか?

   『夢』


それがあなた自身です。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月15日 (木)

終戦記念日に考える「大川談話」が示す先の大戦の真実 20130815

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

終戦記念日に考える
「大川談話」が示す
  先の大戦の真実

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/

今日は、最新のリバティWEBを通して、「大川談話」が示す先の大戦の真実をご紹介します。

……………………………

8月15日、68回目の終戦記念日を迎える。

幸福の科学グループ創始者兼総裁は同日付で「大川談話―私案―」を世に問う。

日本人全体が先の戦争について思いを巡らせるこの日に、その「思い」の方向を変えて未来に向けて日本が為すべきこととは何かを今、真剣に考えるべきだろう。

14日付産経新聞によれば、安倍首相は終戦記念日の靖国参拝を見送ることにしたという。

ここ数週間、各メディアが似たような観測記事を書いてきたが、安倍首相としては外堀を中韓に埋められ、内堀を身内に埋められ、今回の見送りとなったのだろう。

また同紙は外務省幹部のコメントとして「ポイントはいつ行っても反発する中韓よりも、むしろ米国の対応」と、アメリカの顔色をうかがって参拝を強行できないという、裏事情も載せている。

だが、いつまでもこのようなことを繰り返していては、日本は「真の独立」は果たせない。「大川談話」では、次のように宣言している。

「先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。
政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの、アジアの同胞を解放するための聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える」

歴史を公平な目で見たならば、先の大戦で日本は降伏はしたが、米国以外には負けていない。

米国に対しても、終戦間際まで硫黄島や沖縄などでの猛烈果敢な戦闘で、米国民を恐怖に陥れた。

米軍は、広島、長崎への原爆投下や大空襲による民間人無差別大量虐殺という「反則技」を使って、やっと勝ったのだ。

そして日本が戦争の大義として掲げていた「大東亜共栄圏」「八紘一宇」は、戦後に世界の半分以上を占めていた植民地がほぼすべて独立したことを見れば分かるように、「アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕く」ことができた。戦争目的を達成したという意味では、日本は負けなかったのだ。

このような認識をもとにして日本の誇りを取り戻し、「真の独立」を果たすために、安倍首相にはぜひ、「大川談話」を参考にして「安倍談話」を発表していただきたい。

何よりも「国師」であり「世界教師」である大川隆法総裁が、安倍首相に「ぜひ『安倍談話』を出し、日本を国難から救ってほしい」(『河野談話』『村山談話』を斬る!―日本を転落させた歴史認識―』あとがきより)と応援しているのだから。(仁)

……………………………

また、今朝、幸福実現党は、マスコミ各社、関係各所に対して、以下のプレスリリースを行いました。

……………………………

【プレスリリース】

終戦記念日にあたって


本日、わが国は68回目の終戦記念日を迎えました。先の大戦で亡くなられたすべての御霊に対し、謹んで哀悼の意を表します。

今日、私たちが平和と繁栄を享受できるのも、ひとえに大戦での尊い犠牲と敗戦の焦土から復興を成し遂げた先人たちのご尽力の賜物にほかなりません。終戦記念日にあたり、わが国の来し方行く末に思いをこらし、国難打破はもとより、世界平和への誓いを新たにするものです。

安倍晋三首相は、本日の靖国参拝を見送る意向とのことですが、その姿勢は誠に残念でなりません。国のために一命をなげうった英霊に哀悼の誠を捧げることは、国家の指導者にとって当然の務めであり、安倍首相には、靖国神社の秋の例大祭に参拝するよう求めます。

終戦からまもなく70年。わが国は主権国家として、自国の平和と安全を他国に委ねる現状から脱却するとともに、憲法改正を視野に、正しい歴史認識を打ち出すべきであると考えます。

過日、わが党の大川隆法総裁が、政府の歴史認識を改める新たな首相談話の参考として、「大川談話-私案-」を発表しました。

同談話では、先の大戦は欧米列強の植民地支配からアジアを解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕く聖戦であったことを内外に鮮明にするとともに、河野・村山両談話を「遡って無効である」と宣言しています。

安倍首相には、大川談話に基づき、「安倍談話」を発表するよう重ねて求めるものです。

なお、本日、幸福実現党は党首以下、靖国神社を参拝するとともに、「終戦の日 英霊への慰霊と感謝の集い」(東京・赤坂のユートピア活動推進館で12時、14時の2回開催)にて、宗教政党として日本の平和と繁栄、そして世界平和を祈念いたします。

幸福実現党 
党首 釈 量子

……………………………


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月14日 (水)

宗教立国への挑戦 20130814

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

宗教立国への挑戦

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/

お盆はいかがお過ごしでしょうか?

私も昨日から家族一同で実家・大牟田に来ています。

実家の書棚をみていたら、18年前に発刊された経典『幸福の科学興国論』が3冊ありました。おそらく、大感動し献本用に購入した本の残りがあったのでしょう。

サブタイトルは、「宗教立国への挑戦」です。
(1994年10月16日の特別公開セミナー)

そこには、これから地球ユートピア実現に向けて、21世紀初頭に建立される「幸福の科学大学」がこれからの未来社会に対してどんな意味を持つのかが明確に説かれていました。

一部をご紹介しましょう。

……………………………

(二十一世紀以降の時代は)高度な知識を基にした社会だろうと思います。つまり、「知識」というものが、かつての土地や労働力、金・銀・銅といったものに代わる生産財として理解される時代になるでしょう。知識が富を生む時代が来世紀に来ます。

さらにいえば、知識を使いこなし、生産性を上げるための知識を所有している人が支配者階級になるのが来世紀なのです。そうした意味において、来世紀は、精神的貴族、知識貴族階級が世界を牛耳る時代です。日本もそのなかで生き延びていかねばなりません。
(中略)
もっともっと高度な、洗練された知識を使いこなせる人たちが出てこなければなりません。

そして、その知識を、地球全体の富を増加させる方向で使える人が、数多く出なければいけません。そのためには、学校の勉強をしただけでは充分ではありません。試験に合格しただけでは充分ではありません。「ありあまるほどの知識を、どのように使って、次の時代の価値を生み出していくか。富を創造していくか」ということができる人たちが、次の時代のリーダーであり、支配者階級になっていくであろうと思います。

この際に、私たちが恐れなければいけないのは、知識にも、善い知識と悪い知識があるということです。(中略)
一人ひとりの心のなかにおける、自律的な判断が大事だと思います。その基礎になるのは教育です。教育が正しければ、人々は、知識に対して善悪を判断する力が湧いてきます。

したがって、来世紀以降の未来社会をつくっていくために、宗教の果たすべき役割は明らかです。宗教は、この知識社会が高度に気品あふれる洗練された社会となるように、人々の精神を健全に育てていく方向で、知識社会が開花する方向で、戦いを続けていかねばならないと思います。

ですから、啓蒙的手段としての宗教というものが、ますます根を張らなければいけません。そして、その根の張り方は、日本一国にとどまるのではなく、グローバル・ウッブ(地球的な蜘蛛の巣)とでもいうべき、地球全体に蜘蛛の巣のように張りめぐらされた啓蒙勢力でなければならないと思います。

……………………………

「ありあまるほどの知識を、どのように使って、次の時代の価値を生み出していくか。富を創造していくか」ということができる人たちが、次の時代のリーダーである。


2013年後半戦、感動の5ヶ月となりそうですね。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月13日 (火)

「死後の生活」20130813

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「死後の生活」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


お盆真っ最中。天国の扉も開き、縁ある諸霊も皆さんのまわりに集っているかもしれませんね。


今日は、主から教わった「死後の生活」のお話です。

実は、天国にも、学校の偏差値みたいな段階があります。
偏差値5ぐらいで輪切りになっているそうです。

この偏差値にあたるものは、この世は「学力」ですが、あの世は、実は、「信仰」なんですね。あの世は、「信仰」の偏差値になっているんです。

あの世は、「信仰」の偏差値で、完全に輪切りになっている世界。

ですから、今、四次元、五次元、六次元と言っていますが、それぞれの次元はまた、「信仰」のレベルで、大きくは三段階ぐらい、細かくいうともっともっと分かれているようなんです。

一方、地獄界は、基本的に信仰心がない人たちです。神も仏も信じていない人たち。あるいは、宗教心があるように装っていて、実は偽善者で本当は信じていなかった人たち。日曜ごとに教会には行っていたが、本当は全然信じていなかった人たち。建前のため、体面のためだけ行っていた。こんな人も地獄界に行ってるんです。(中略)信仰の間違いがある場合と、信仰心がない場合。唯物論者。みんな地獄に行きます。


(このあたりは、自分でも見抜けないかも…)


天上界に上がると「信仰」です。

この「信仰」とは、神とか仏を信じる心。人間は霊的存在であって、霊界こそほんとうの世界であると信じ切る心です。

地上は仮の世界だということを信じなければ天国には入れないのです。


ですから、まずは、信じることが大事です。

そしてその次には、「信仰」と「行動」「実践」「実務」、これが一体化してくるんです。

信じているというだけではなく、やっていることはどうですかと。信仰と一致していますかと。

やっていることと信仰が一致してくる。

そうすると、だんだん上になってくるんですね。


「どうか、この世的な価値観や、『自分に都合がよいか悪いか』という基準で、信じたり信じなかったりするのは、もうやめてください。
信仰は百パーセントを要求します。受け入れるか、受け入れないか、そのどちらかです。受け入れたならば、私についてきなさい。それが大事であると言っておきます。」
(『君よ、涙の谷を渡れ。』より)


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月12日 (月)

今、必要なのは、「純粋な信仰」20130812

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
 今、必要なのは、
 「純粋な信仰」
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
 
このお盆の時期に、今一度、振り返ってみたいと思うことがあります。
 
 
それは、
「純粋な信仰」とは何かということです。
 
 
これが幸福の科学が世界宗教になるかどうかの鍵を握っています。
 
 
「日本人には道徳心もあります。その意味での精神性はあります。足りないのは、道徳心を超えた『純粋な信仰』だけです。道徳心はあるものの、まだ、それが純粋な信仰の世界まで入っていないのです。」
(『未来の法』より)
 
 
皆さんはこの仏言をどう受け止めますか。
 
道徳心を超えた「純粋な信仰」とはいったいどのような境地でしょうか。
 
皆さんは、かつて魂に刻み込んだこのお言葉を覚えていますか。
 
「『私を信じてください』
言葉では『信じる』と言っても、まだまだ信じられないものであり、けっこう、自分に都合のよい教えを取捨選択したりしています。
それは、会員だけではなく、職員や幹部でも同じです。自分に都合のよい部分は受け入れても、耳が痛いところ、都合が悪いところは聴かずに逃げ、教えをつまみ食いしているのです。
『自分に都合がよく、追い風が吹いているときには信じている。ところが、逆風が吹き、叱られたり怒られたり左遷されたりするような立場に立つと、急に信じなくなり、悪口を言いはじめる』というような人は、過去、職員においても、在家のリーダーにおいても、ときどきいましたし、いまもいるはずです。
しかし、『自分に都合がよい場合は信じるが、都合が悪くなると信じない』という立場は、『正しいか正しくないかについて、自分でジャッジメント(裁き)をする』ということであり、結局、自分が神になっているわけです。
それではいけないのです。それは純粋な信仰ではありません。
私を信じください。
私の教えをストレートに受け止めてください。
あなたの耳に痛かろうと痛くなかろうと、あなたの昇進や出世、お金儲けに有利であろうと不利であろうと、そういうことには関係なく、『主の教えは、こうである』ということを、どうか率直に受け止めてください。
素直に聴く耳を持ってください。」
 
 
「どうか、この世的な価値観や、『自分に都合がよいか悪いか』という基準で、信じたり信じなかったりするのは、もうやめてください。
信仰は百パーセントを要求します。受け入れるか、受け入れないか、そのどちらかです。受け入れたならば、私についてきなさい。それが大事であると言っておきます。」
(『君よ、涙の谷を渡れ。』より)
 
 
足りないのは、道徳心を超えた『純粋な信仰』。
 
 
このお盆休み、私も考え続けたいと思います。
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 
 

2013年8月11日 (日)

−歴史問題に終止符を− 20130811

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

−歴史問題に終止符を−

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。(^O^)/


15日の終戦記念日が近づいてまいりました。


皆さんは、「河野談話」「村山談話」をご存知ですか?

あまり知らない?
えっ、関心がない?

というのであれば、それが今、日本の抱える歴史問題に終止符を打てない原因かもしれません。

もし、この夏休み、子供たち、お孫さんたちに聞かれたら、皆さんはどのように答えますか?


中国、韓国が歴史問題として必ず持ち出すものに、「南京大虐殺」と「従軍慰安婦の強制連行」があります。

しかし、実際にはこの2つの出来事を裏付ける証拠は何もありません。

それにも関わらず、両国が"自信"を持って日本を揺さぶることができる原因、それが、「河野談話」と「村山談話」と呼ばれる厄介な話なのです。

実は、安倍晋三首相は、新たな歴史認識として「安倍談話」というものを出そうとしていました。

しかし、国内の左翼マスコミや中韓の非難、米国の圧力を受けて、一気にトーンダウン。

結果として、当初見直しを表明していた村山談話の踏襲に続き、河野談話をも継承するに至ってしまいました。

しかし今後、憲法9条の改正や、国防軍の創設を視野に入れるのであれば、歴史認識の見直しを避けて通ることはできません。

いったい、真実はどこにあるのか。


そこで大川隆法総裁は7月17日、河野洋平、村山富市両氏の守護霊を招き、その本心を訊いてくださったのです。

河野氏守護霊は、
「軍や官憲による従軍慰安婦の強制連行」の事実確認をしたかについて、「朝鮮半島の人たちは、もはや自主的な判断権がない状態であるから(中略)『その人たちに対して強制力が働いた』というのは、まあ、推測するに、『そうだろう』とは思うよ」と、単なる推測に基づいて河野談話を発表したことを"自白"しました。

さらに、「何とか賠償金を払いたかったけど、払うには材料が必要だから、何でもいいから謝る材料が欲しかったのよ」と、戦後補償をしたいがために従軍慰安婦の強制連行を認めたという、驚きの事実を明かしたのです。

さらに、村山談話について村山氏守護霊は、
「原案は、マスコミから来てる」「わしが書いてないんだから、(内容について)答えられるわけないじゃないか。(中略)朝日新聞に訊いてくれよ」と他人事を装ったのです。

当時、自社さ連立政権の村山内閣で、河野氏は自民党総裁として副総理兼外相を務め、村山談話の発表にも関与していました。

河野氏守護霊によると、当時、左翼マスコミはソ連崩壊で主張の正当性が失われ、かたや自民党はリクルート事件、バブル崩壊の余波で苦境に陥っていました。

そこで一部マスコミと「密約」を交わしたというのです。

「『日本に左翼体質を残すためには、とにかく日本を悪い国にしなきゃいけない』という合意が内部的にあった。こちらが密約だよ」

「左翼史観を奉じてみせることが必要だった。これを大義名分として立てさえすれば、政権を自民党に返してもらえるわけだ」

驚くべき真相です!

政府の公式見解として日本の外交・国防を縛り、国益を損なうのみならず、自虐史観を蔓延させて日本人の誇りを傷つけたこの二つの談話。

しかし、その実態は極めて根拠の薄弱なものであることが明らかとなったのです。

本霊言を受けて発表されたのが、「大川談話─私案─」であり、河野談話、村山談話を「遡って無効である」と宣言されたのです。

両談話を根拠とした「日本は残虐な侵略国家である」との歴史認識の下、左翼マスコミや中国、韓国は「日本が再び軍事大国化する」とばかりに改憲を阻止してきました。

しかし、日本を取り巻く安全保障環境が悪化の一途をたどるなか、これ以上、改憲や国防強化を棚上げするのは亡国の道にほかなりません。

河野、村山両談話を葬り去る「大川談話」こそ、日本が世界の平和と繁栄に貢献する国家へ新生する出発点なのです。

戦後70年になろうとする今、もう謝罪外交はやめねばなりません。
日本の誇りを取り戻すべき時がきているのです。

…………………………
大川談話―私案―
(安倍総理参考)
…………………………

 わが国は、かつて「河野談話」(一九九三年)「村山談話」(一九九五年)を日本国政府の見解として発表したが、これは歴史的事実として証拠のない風評を公式見解としたものである。その結果、先の大東亜戦争で亡くなられた約三百万人の英霊とその遺族に対し、由々しき罪悪感と戦後に生きたわが国、国民に対して、いわれなき自虐史観を押しつけ、この国の歴史認識を大きく誤らせたことを、政府としてここに公式に反省する。

 先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。政府として今一歩力及ばず、原爆を使用したアメリカ合衆国に敗れはしたものの、アジアの同胞を解放するための聖戦として、日本の神々の熱き思いの一部を実現せしものと考える。

 日本は今後、いかなる国であれ、不当な侵略主義により、他国を侵略・植民地化させないための平和と正義の守護神となることをここに誓う。国防軍を創設して、ひとり自国の平和のみならず、世界の恒久平和のために尽くすことを希望する。

なお、本談話により、先の「河野談話」「村山談話」は、遡って無効であることを宣言する。

平成二十五年八月十五日

 ☆☆☆☆☆☆☆


■-大川談話-街宣について

大川談話の日付である、
8月15日(木)終戦記念日に−大川談話−街宣を執り行います。(福岡県本部主催)

【場所】
博多駅前
(博多口・広場側)

【時間】
12:00〜(約40分程)

☆大川談話ビラの配布等、ボランティアを募っております。

お盆のお忙しい中ではありますが、一緒に力を合わせて、日本人としての誇りと信仰心を取り戻す勇気を訴えてまいりましょう!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月10日 (土)

お盆の時期は、霊界の扉が開く 20130810

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
お盆の時期は、
霊界の扉が開く
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
 
お盆も近づいて参りました。
 
日本では、お盆の時期や、春と秋のお彼岸の季節になると、故人を偲んであの世に思いを向ける人が多くなって参ります。
 
あの世の霊界は目には見えず、この世と切り離されてはいますが、実は、人の思いには、この世とあの世の壁を超える力があります。
 
ですから、お盆の時期は、この世の人たちの故人への思いによって、この世とあの世の間に橋が架かったようになり、あちらの世界から霊がこの世に来やすくなったりします。
 
亡くなった人と思いの世界でもう一度会いたければ、霊界の扉が開くこの季節がチャンスです。心から呼びかければ、夢などのかたちで願いがかなうこともあるかもしれませんね。
 
幸福の科学では、栃木県宇都宮市の総本山・正心館をはじめ、全国の支部にて、年に2回、供養大祭を行っています。
 
福岡南支部では、本日8月10日(土)、11日(日)、15日(木)の3回、「お盆の幸福供養大祭」を開催致します。
 
どうか、導師立ち会いのもと、安全でかつ、参加者の守護・指導霊や当会の支援霊たちにも見守られた「幸福供養大祭」を機縁として、故人への心からの感謝を捧げるとともに、縁ある諸霊に対して、永遠の仏陀、主エル・カンターレの、圧倒的なる救済の御光を手向けさせていただきましょう。
 
ご家族でのご参加を、心よりお待ち申し上げております。
 
皆様と久しぶりにお会いできることを、楽しみにしております。
 
幸福の科学 福岡南支部
支部長 西田 秀紀
 
(熱血感動クリエーター)
 
 
 

2013年8月 9日 (金)

伝統に従うだけでは、伝説はつくれない。20130809

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

伝統に従うだけでは、
伝説はつくれない。

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、こんばんは。

今、支部長研修の2日目が終わり、福岡に着きました。

幸福の科学大学建立予定地巡礼、行って参りました。

凄かったです!

たくさんの巡礼者の信仰心が結集しているのでしょう。

そこにはテント以外は
「何もない」けど、天才・トス神直結の霊流がズドーンと降りて来ています。

ちょっと変なお勧めですが、「何もない」うちに、早く巡礼してください。9月末までです。

「何もない」ところからはじめるのが私たちのミッションの“はじまり”なのです。o(^-^)o


実は、今回の支部長研修のスタートは、最も安い料金の飛行機、スターフライヤーを選んだところからはじまりました。

ANA、JALをはじめとする大手の隙間に切り込んで誕生した新しい会社・スターフライヤー。

北九州⇔東京便からスタートしたため、あまり知られていません。

最近では福岡⇔東京便が出て来たため、少し目立ってきたかな、という斬新なチャレンジャー。

そのスターフライヤーの機内誌の裏表紙にこんな言葉が載っていました。


「伝統に従うだけでは、
伝説はつくれない。」


そして、その下にこう書かれていたのです。


KEEP EDGY.

EDGY=斬新な、最先端を行く

「常に斬新であれ」
「常に最先端を行け」


つまり、スターフライヤーは、そもそもの発想が、従来の航空会社とは全く違うのでしょう。


「伝統に従うだけでは、
伝説はつくれない。」


この言葉は、私にとって素晴らしい“公案”のようなものでした。


そもそも私たちは、今、“幸福の科学”に何を求めているのでしょうか。


従来の“伝統”に基づいた上での素晴らしい宗教的価値でしょうか。


従来の“伝統”に基づいたものの中に何かを見出したとしても、そこには私たちの本来の心を十分に満たすものではないのではないでしょうか。


私たちが真に求めて続けているもの。

それは、新しき価値の創造、未知なるもの、まだ見ぬ未来へ向けて挑戦のチャンス、活躍の舞台そのものではないでしょうか。


神よ、私たちに大いなる活躍の舞台をお与えください、と。


今、私たちは、新たな“伝説”をつくるときに来ている。


創造の喜びを味わう季節(とき)に来ている。


だから、「何もない」うちに、早く巡礼してください。

「何もない」ところからはじめるのが私たちのミッションの“はじまり”であると思うのです。


“巡礼”とはそもそも、過去に遡るために行われてきた“伝統“。


しかし、私たちがやっているこの“巡礼”は、
未来創造のための、“伝説”を創るための奇跡の“巡礼 ”、希望の“巡礼”なのです。


8月31日(土)〜9月1日(日)みんなで行こう、新しき“巡礼”の旅へ!


「奇跡の残席あと3つ」


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月 6日 (火)

「何のために頑張るのか」を考えさせる 20130806

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「何のために頑張るのか」を考えさせる

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

今年4月にチアダンスの世界大会で、女子中学生たちを準優勝に導いた桜沢先生。


ある方が、桜沢先生にこんな質問をしていました。(リバティWEB参照)


(質問)
私は中学3年生の娘を持つ父親ですが、叱ると反発されてばかりです。
4月にチアダンスの世界大会で女子中学生たちを準優勝に導いた桜沢先生は、どのように指導されたのでしょうか。


(回答)
ハードルが高ければ高いほど、達成するのも難しくなります。

その時には、「何のために頑張るのか」を指導者が生徒に考えさせる必要があります。

自分のためだけに頑張った結果、「うれしいのは、自分一人」ということでは限界がきます。

そうではなく、何かを達成した結果、多くの人々に感動を与えられ、喜んでもらえるならば、つらい努力にも意味があり、耐えられるものです。

そして、「多くの方たちの幸福のために」と思って努力していると、たくさんの協力者が現れて、さらに自分を押し上げてくれます。

その時に気づくのです。

自分の成功は、自分の力だけで成し遂げたものではなく、大勢の方の力や協力によって成し遂げられたものだったのだと。

そこから感謝の思いが大きくなり、「お世話になった皆さんに恩返しをするために頑張る」という心境になります。

すると、さらに応援してもらえる、という善の循環が生まれます。

幸福の科学学園チアダンス部も、創部3年目にして全国優勝、世界大会準優勝という成果を残すことができました。

これも、皆様に恩返しをしたい、元気や勇気を与えたいという思いが彼女たちを突き動かし、つらい練習も笑顔で乗り越えてきたからです。

その境地に到達させてあげることも、指導者や親にとって、大事な役目でしょう。

こうした善の循環を長く続けるためには、自分たちから積極的に、周囲に良い影響を与えていこうとする姿勢が大切です。

チアにだけ熱心で、他の活動には消極的なのではいけません。常に最高の自分を差し出し、勉強も委員会活動も学校行事にも全力で臨む。その姿勢が周囲を感化します。

そしてそれを生徒に課す以上、指導者もあらゆることに全力で臨むことが大事です。

私は部活動だけでなく、学年主任や担任、受験指導や教科指導にも全力で取り組み、結果を残しています。大人の姿勢、背中で子供を導くことも必要だと感じます。

仕事には全力投球でも家庭ではぐうたら親父であった場合、子供はぐうたらな父親の姿しか見ていないことになります。
それでは説得力に欠けるので、家庭でも時折、職場と同じような格好いい父親の姿を見せると、意外に娘さんも素直に言うことを聞いてくれるかもしれません。

o(^-^)o


「自分たちから積極的に、周囲に良い影響を与えていこうとする姿勢」


迷ったならば、やはりこの質問を自分自身にしてみることですよね。


これはまさにリーダー一人ひとりの条件かもしれません。


さて、皆さん、8月18日(日)の午後14:45〜は、福岡正心館・礼拝堂にて、桜沢先生の世界史の授業があります。どなたでも参加できます。


あなたもこの授業で、もう一度、自分の中に眠っている何かを発見してみては?


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月 5日 (月)

あかいランドセル 20130805

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

あかいランドセル

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


最近、こんな話を聞きました。

o(^-^)o

幼くして父親を亡くした女の子が、小学校に入学するころのことでした。

周りの子はみんな、親から買ってもらった赤いランドセルを背負って通学していました。

しかし、その子の家庭は幼くして父親を亡くし母子家庭でしたから、ランドセルを買ってもらえるほどの余裕がなかったそうです。

もちろん、家に余裕の無いことがわかっていたその子は、ランドセルがほしくても母親にねだることはできません。

子どもながらに、それはお母さんを困らせてしまうことだとわかっていたからです。

でも、毎日友達と通学していると、どうしても自分もあの赤いランドセルがほしくてほしくてたまらなくなります。

通学路にあるお店のショーウィンドーに飾ってある、新品でピカピカの赤いランドセルをいつも眺めていたそうです。

そんなある時、彼女は考えました。

「お母さんに迷惑をかけるわけには行かない。でも、私もあの赤いランドセルがほしい……。
そうだ、お父さんにお願いしてみよう!! きっとお父さんなら私の願いを叶えてくれるにちがいない!!」

そう思った彼女は、天国にいるお父さんに手紙を書くことにしました。

まだ、習いたてのひらがなで、一生懸命にお父さん宛にハガキをかきました。


「てんごくの おとうさんへわたしは、ことししょうがくせいになりました。
べんきょうもがんばっています。いっぱいがんばって、おかあさんをたすけようとおもいます。
だから、おとうさんにおねがいがあります。
わたしに、あかいランドセルをください。
いっぱい、いっぱい、べんきょうして、がんばるから。いいこにしているから。おねがいします」


もちろん、天国へのハガキです。

宛名は“天国のお父さんへ”と書いてポストに投函したそうです。

そのハガキを集配し、郵便局の職員の方がそのハガキを見つけます。

宛名は天国……。

ハガキの表には、幼い彼女が一生懸命に書いたあの文章……。
いつものように差出人不明で送り返すわけにも行かず、このハガキを手に取った職員がどうしたらいいんだろうと仲間の職員の方に相談したそうです。

「ねぇ、見て、このハガキ……。 どうしたらいいだろうかぁ……。
 送り返すにはあまりにも残酷だよね」

「う〜ん……。そしたら、僕たちがこの子の天国のお父さんになろうよ」

「えっ、どうやって」

「仲間みんなにお願いしてさぁ、
 ちょっとづつお金を出し合って、ランドセルを買ってあげようよ!」

そして、郵便局の職員のみんなで、ちょっとづつお金を出し合い、真っ赤なピカピカのランドセルを買うことにしました。

そしてそのランドセルを小包にいれ、その郵便局の中で一番字の上手い人が代表して、お父さんのメッセージを書いて、その子の家に送ったそうです。

「○○ちゃん、お手紙ありがとう。
お父さん、とってもうれしかったよ。
いつも頑張っているのを天国から見ているからね。
これからも、優しい人になってね。そして、お母さんを助けてあげようね。
天国からいつも○○ちゃんのことを応援しているよ。
ちょっと遅くなったけど、ランドセル贈るね!!」

数日後、ランドセルとメッセージの入った小包が女の子のところに届きます。

その女の子は飛び跳ねるように喜び、お父さんからランドセルをもらったと、はしゃいでいたそうです。

そして、数年後この話を作文に書き、全国のコンクールで入賞したそうです。

o(^-^)o

心がポッと温かくなりますよね。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2013年8月 4日 (日)

平凡を非凡に変える魔法とは… 20130804

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
平凡を非凡に変える
魔法とは…
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。
 
昨日初開示した研修『仏説・降魔経』現象編は、凄かったです!
 
来週どこかでまた第2回目の研修をしたいと思います。
 
ところで、皆さんは、平凡を非凡に変える魔法とは、いったい何だと思いますか?
 
 
懐かしいエピソードをお伝えしますね。(^O^)/
 
 
これは、結核がまだ死に至る病だった頃の、アメリカのある病院での出来事です。
 
病室には、死の宣告を受けた7名の患者が入っていました。
 
その一番窓際のベッドには、ジミーという名の男性が寝ていました。
 
自分で動くことができない患者の中で、ジミーだけが、唯一、窓の外を見ることができたのです。
 
死と隣り合わせの同室の患者は、みんな心がすさんでいました。
 
その患者を前にして、ジミーは、いつも窓から見える光景をみんなに語ってました。
 
「おーい、みんな、今日は子供たちが遠足だよ。
黄色いカバンをさげている子がいるな。
 
いやぁ、ピンクの帽子をかぶっている子もいるよ。かわいいな。
 
3番目と4番目の子が手をつないで歩いている。
きっと仲良しなんだろうなぁ。
 
あ、空には黄色い蝶々が飛んでいるよ」
 
このジミーの語る話を聞きながら、他の患者たちは窓の外のイメージを膨らませ、毎日毎日、ジミーの話を楽しみにしていました。
 
その時、入口から二番目のベッドには、トムという男が寝ていました。
トムは以前から、ジミーのことを嫌っていました。
 
 
「どうしてジミーだけが窓際にいるんだ」と。
 
 
ある日、朝起きてみると、窓際に寝ていたはずのジミーがいません。
昨晩、亡くなったのです。
 
その時、ジミーを嫌っていたトムは、すかざすナースに頼みます。
 
「俺をジミーが寝ていた窓際にやってくれ」と。
 
しかし、ナースたちは、顔を曇らせて、なかなか言うことを聞いてくれません。
 
業を煮やしたトムは、声を荒げて怒鳴ります。
 
それで仕方なく、ナースたちは、トムを窓際に移しました。
 
喜んだトムは、
 
「俺はジミーみたいに、
外の景色をみんなに話してなんて聞かせないぞ。
自分だけで楽しむんだ」
 
そう思って窓の外を見たとき、トムは愕然とします。
 
なんと、窓から見えたのは、灰色の古ぼけた壁だけだったのです。
 
その瞬間、トムはジミーの思いがすべてわかりました。
 
「ジミーは、壁しか見えないのに、自分たちのすさんだ心を励ますために、その壁の向こうに広がるであろう素晴らしい世界を、ああやって語り聞かせてくれたんだ。
 
それに引き換え、自分ときたら、自分だけ楽しもうなんて、何と浅ましい心の持ち主であろうか。何という恥ずかしい自分であろうか。」
 
 
その瞬間、トムの心は180度、変化しました。
 
心から懺悔したトムは、ジミーに負けないくらい、素敵な思いやりをもって、次のように語り聞かせるようになりました。
 
 
「おーい、みんな、今日は花屋さんが通るぜ。
車の中はバラの花でいっぱいだ。
前のほうは、あれはパンジーの花だな。
あの隣の黄色いバラ、甘い香りがするだろうな」
 
(完)
 
平凡を非凡に変える魔法、それは、
 
 
 「与える愛」
 
 
皆さん、平凡を非凡に変える今日の大会でお会いしましょう!
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 
 

2013年8月 3日 (土)

『仏説・降魔経』現象編 20130803

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
『仏説・降魔経』
   現象編
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。
 
 
本日13:00〜15:00
『仏説・降魔経』現象編
  =初開示=
 
 
正義の言葉
『仏説・降魔経』
 
仏法 流布を 妨ぐる
悪魔は これを 許すまじ
仏・法・僧への 中傷は
極悪 非道の 所業なり
もはや 人間として 生まれるは
これが 最後と 悟るべし
・・・・・
 
 
 
ついに、「『仏説・降魔経』現象編」が出てまいりました。
 
これは映画1本分の時間をかけて、主が霊言を通してお示しくださった、ライブ感覚あふれる「悪魔の降ろし方、破折の仕方」。まさに、その名の通り、「『仏説・降魔経』現象編」です。
 
『仏説・降魔経』をご存知の皆様なら、すべからく「現象編」とついた本霊言を拝聴すべし!です。
 
 
さらに、本霊言には、サブタイトルがついているのをご存知だろうか。
 
 
ー『新潮の悪魔』をパトリオットするー
 
“パトリオットする”?
 
皆さんはこの意味が分かりますか。
 
“パトリオット”
 
これは、アメリカ陸軍向けに開発された広域防空用の地対空ミサイルシステム。ミサイル防衛では週末航程に対応し、20〜35kmの範囲を防御する。湾岸戦争時にイラク軍が発射したスカッドミサイルを撃墜したことにより有名になった。
 
この“パトリオット”、いったいどこに向かって発射されるのか?
 
 
8月1日発売の「週刊新潮」。そこには、またしても当会の誹謗中傷記事が掲載された。しかも、先回に引き続き、大川総裁の個人名を使った誹謗記事だ。
 
そこで、本霊言では、新潮社の元大番頭で、死後(2000年)、“「週刊新潮」の悪魔”となった斎藤十一(サイトウジュウイチ)霊を呼び出し、その本音を探った。
 
同時に、週刊新潮に雇われたフリーライターの守護霊にも“事情聴取”を行った。
 
まさに、本霊言は、いわれなき誹謗中傷を即座に打ち返す、迎撃ミサイルだ。
 
そして、これは霊言の中での現象を通して、私たち一人ひとりが、さらなる「降魔の力」を磨く絶好の機会なのだ。
 
果たして主は、いかなる方法で、悪魔を降ろし、破折していかれるのだろうか。
 
◆みどころはココだ!◆
 
・現代の悪魔はどのように入ってくるのか?
・悪魔の恐れているものとは何か?
・斎藤十一霊自らが、幸福の科学の霊言を認めた?
 
・なぜ、「週刊新潮」は当会の霊言をいやがるのか?
→「みんなが信じたら、大変なことになるじゃないか!」「今が楽しければいい、という人生観」が崩れる!
 
・「週刊新潮」は地獄への切符!
→これでいいのか「週刊新潮」の社是ー
「(読者の)欲を満たすこと(斎藤霊談)」
 
・正しい宗教を冒涜してはならない!
・仏神を穢(ケガ)してはならない!
→仏の顔も三度まで!週刊新潮よ、いい加減に目を覚ませ!
 
 
さあ、この霊言で、悪魔が狙っているあなたの弱点がわかる!?
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 

2013年8月 2日 (金)

両親への反省と感謝 20130801

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

両親への反省と感謝

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

今日から<両親への反省と感謝>ウィークがはじまります。8月15日までの2週間です。


あなたは今、縁あってあなたを地上に降ろしてくれた大切なご両親に、何をしてあげることが出来ますか?


本日13時〜、支部での第1回目の「両親反省セミナー」をします。
ミニ研修です。目的は両親から与えられた愛の数々に気づくことです。

昨日からセミナーの準備でテーブルを拭いたり、印刷をしたりして作務をしていると、皆様の守護霊や、縁ある諸霊の念いが伝わってまいりました。

「気づきを与えるチャンスにしたい」と。


よくある体験かもしれませんが、こんなことってありませんか?


☆ある女性の体験談☆

仕事が忙しく、ほとんど家庭を顧みなかった父。いつも暖かかった母。
父はいつも眉間にしわを寄せていて、一緒の部屋にいるだけでも緊張した。もちろん会話もない。なにを話していいのかわからなかった。

自営だったので家族で出かけることもなく、夏休みも冬休みもどこにも行ったことがなかった。

そんな両親も年老いてきて、今では笑いの絶えない家庭になっている。

2年前、26歳にして初めて親元を離れ上京。一人暮しを始めた。

「なにも東京に行くことはないのに」と母。
「お前が一人で食っていけるわけがない」と父。

出発の日、父はテレビを見ていた。母はバス停まで送ってくれた。
バスに乗り後ろを振り向くと、母が手を振ってくれていた。私の姿が見えなくなるまで。

駅に着くと携帯が鳴った。父からだった。「頑張れよ」と涙声で一言だけ。
人がいっぱいいる中で泣きそうになった。


それから数年後、恥ずかしながら私は自己破産をしてしまった。
両親に話すと「だから言わんこっちゃない!」と父に怒られた。
「一度、帰っておいで」と母に言われ、実家に帰った。
自己破産のことは何も聞かれなかったが、父と二人きりになったとき、
「またゼロからやり直せばいい。お前はまだ若いんだ。いくらでもやり直しが出来る」と言われ、泣きそうになった。

「うん」としか言えなかった。

東京に帰るとき、また母がバス停でずっと手を振ってくれた。
それから週に一度は必ず父が電話をくれる。「元気にやってるか?」と。

父が定年を迎えた今年、久しぶりに帰省した。
「もうすぐ寒くなるから」と父がトレーナーを買ってくれていた。
「ろくなもの食べてないんでしょう」と母が煮物を作ってくれていた。
たしかに、東京での私の食生活はカップラーメンがほとんどだ。


偶然、父の日記を発見し、ちょっと覗いてみた。

「○○(私の名前)から定年祝いが届いた。一生の宝物だ」の文字が。


電話では「あんなものいらねぇよ」と言っていたけど、こう思っていてくれたことが嬉しかった。
東京へ帰る日、「いつでも帰って来い。ここはお前の家だ」と父。

「愚痴でも何でもいいから何かあったら電話してきなさい」と母。

そして母はいつものように、私の姿が見えなくなるまでバス停で手を振ってくれた。

<つづく>


o(^-^)o


あなたはこんな両親がいたら、何をしてあげたいですか?


本日13時〜、第1回「両親反省セミナー」

目的は両親から与えられた愛の数々に気づくこと。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

日本の精神軸を支える魂の一人 20130802

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

日本の精神軸を支える
魂の一人

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

今日は、日本の精神軸を支える魂の一人と呼ばれる方をご紹介します。

「近江聖人・中江藤樹」です。

中江藤樹は、天御中主神の魂の兄弟の一人であることがすでに判明しています。

主は、昨年12月末、「中江藤樹の霊言」を終えて、次のようなコメントを出されています。

……………………………
今回の霊言で見ると、「戦後体制の見直し」のところまで視野に入っているように感じましたし、今の「智慧の話」からすると、キリスト教文明についても、一定の見識を持っていらっしゃると思います。おそらく、「この方は、学問と政治の両方にわたっている魂ではないか」と推定されます。いずれ、もっと詳しいことが分かることもあるでしょうが、「中江藤樹」としては、この程度で止めないといけないのかもしれません。
……………………………

学問と政治の両方にわたっている魂???

「中江藤樹」とは、いったいどんな人生を歩んだ人物なのか。

そこで、本日、急な話ではありますが、皆さまのご要望にお応えし、映画「近江聖人・中江藤樹」を支部にて特別上映することとなりました。

(^O^)/

本作品は、数年前、藤樹ゆかりの地・滋賀県高島市が、藤樹生誕400年を記念して作ったもの。私自身、主の滋賀県ご巡錫をきっかけに、直接、高島市の藤樹記念館を訪ね、自主上映の許可を頂き、一昨年は、大牟田・柳川・八女と3ヶ所にて、一般公開上映会を開催し、大好評を得た感動の名作です。

本映画を通して、江戸時代、世界に誇る精神文化の高みを打ち立てた中江藤樹の生涯と、現代人に与えて続けているメッセージを感じ取ることで、地球ユートピア実現のために、今、私たちが取り組んでいる「幸福の科学大学」建立成就に向けた力強い情熱とエネルギーが湧いてくることでしょう。

最後に、モラル崩壊の現代に鋭く問いかける「良知」に致る実践を貫いた中江藤樹のエピソードを、一つご紹介します。


《エピソード》
小川村からほど近い鴨村の街道ぞいに、一軒のそば屋がありました。

その主人は、藤樹先生が大変りっぱな学者だと聞きおよんで、先生に店の看板を書いてもらったら、きっと商売繁盛になると思い立ち、まっさらの板をかかえてお願いに上がりました。

先生は、ふたつ返事で承諾しました。

一週間が過ぎて、主人が先生の屋敷をたずねると、

「まだできておりません。もう少し待ってください」

との返事でした。


それからまた10日ばかりが過ぎた頃にうかがうと、そこにはみごとな字で書かれた看板ができ上がっていました。

主人はとても喜び、さっそく店の軒先に吊るしました。

ある時、大名行列があって、そば屋の近くで休息をとりました。

家来がお殿様にお茶を差し上げるためそば屋に行くと、軒先の看板に目が止まりました。

「これを殿様に献上したら、きっとお喜びなされるに違いない」

家来は、大金を主人にわたして、看板をもらいうけました。

思わぬ大金を手にして喜んだ主人は、もう一度、先生に頼んでおなじ看板を書いてもらおうと、屋敷に行きました。


すると、先生は、主人を座敷に上がらせ、家の奥から半櫃を運び出してふたを開けました。

すると、その中にはなんと「そば屋」の下書きのほごが、びっしりと入っていたのです。

それを見た主人は、驚くとともに、自分のなした言行の軽率さに、ふかく恥じ入るのでした。


o(^-^)o

何か懐かしい日本の心を感じませんか?


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »