« 「神に誓って『従軍慰安婦』は実在したか」 20130522 | トップページ | 自転車を売らない自転車屋さん 20130524 »

2013年5月23日 (木)

25000ドルのアイデア 20130523

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
25000ドルのアイデア
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
今日は、再び、「伝説のアドバイス」をご紹介します。
 
(^O^)/
 
皆さんは、20世紀初頭のアメリカで、アイビー・リーというコンサルタントが、当時米国最大の鉄鋼会社を経営するチャールズ・シュワブにした、「伝説のアドバイス」をご存知ですか?
 
これは、
 
「25000ドルのアイデア」と呼ばれるものです。
 
コンサルタントのリーは、シュワブの会社を訪ね、自社の役割と成果について説明をしましたが、
 
シュワブは、
 
「我々に必要なのは、知識を得ることではなくて、行動をすることだ。
我々が、今すべきで、できないでいることを、できるようになる策を教えてくれるならば、あなたが要求するいかなる報酬もお支払いしよう。」
 
と答えました。
 
 
これに対するリーの返答は、
 
「いいでしょう。20分以内に貴社の能率を50%増進する策をお教えします。」
 
と答え、ポケットから、
「1枚の白紙」を取り出してこう言ったのです。
 
「この紙に、明日あなたがしなければならない最も重要な仕事を6つだけお書きください。」
 
(これに約3分間要した)
 
 「次にこれを重要な順番に番号をつけてください。」
 
(これに約5分間要した)
 
「では、これをあなたのポケットにしまってください。
明日は、紙に書いた順に仕事に取り掛かって下さい。
1つずつ最後までやり遂げてから次の仕事に取り掛かってください。【ここが最大のポイント!】
 
全部終わらなかったからといって、気にしないでください。
 
一番大切な仕事を真っ先にやり遂げているわけですから、他のものは遅れてもやむをえません。
 
もしあなたがこの方法で全部の仕事をやり遂げられなかったら、この他のいかなる方法によってもできないでしょうし、また優先順位なしには、どの仕事が一番大切かということすら定められないでしょう。
 
これを毎日やってみてください。
 
そして、この方法と効果に確信をもったならば、社員全員にもやらせてみてください。
 
そして、この方法に価値が感じられたのであれば、妥当なコンサルフィーをお支払い下さい。」
 
この会見は全部で、
約30分を要しました。
 
p(^^)q
 
数週間後、シュワブはリーに対して25000ドルの小切手と手紙を送りました。
 
その手紙には、
 
「今回の教えは、商売をする上で、いままで習ったどんな教えよりも有益だった。」
 
と書いてありました。
 
この教えにより、シュワブの経営する鋼鉄会社は、5年も経たないうちに、世界最大の鉄鋼産会社に成長しました。
 
同時にチャールズ・シュワブは億万長者となったのです。
 
25000ドルというと当時は、1ドルが360円だったので、900万円に相当します。
 
しかも、たった30分のアドバイスです。
 
冒頭の会社説明やサービス概要の説明を除けば、
15分くらいだったかもしれません。
 
このアイデアを授けたアイビー・リーも素晴らしいですが、なにより、それを自ら実践し、かつ社員にも徹底させることで、重要事項から取り組む社風を創りあげたシュワブはほんとうに素晴らしいですね。
 
 
皆さんも、チャレンジしてみませんか?
 
果たして、あなたは、一番大切な仕事を真っ先にやり遂げていることが出来るだろうかo(^-^)o
 
 
 ∞努力、無限∞
 
熱血感動クリエーター 
西田ひでき
 
 

« 「神に誓って『従軍慰安婦』は実在したか」 20130522 | トップページ | 自転車を売らない自転車屋さん 20130524 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/51739886

この記事へのトラックバック一覧です: 25000ドルのアイデア 20130523:

« 「神に誓って『従軍慰安婦』は実在したか」 20130522 | トップページ | 自転車を売らない自転車屋さん 20130524 »