« 25000ドルのアイデア 20130523 | トップページ | 下村湖人の生家 20130525 »

2013年5月24日 (金)

自転車を売らない自転車屋さん 20130524

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
自転車を売らない
自転車屋さん
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、おはようございます。(^O^)/
 
「自転車を売らない自転車屋さん」
 
このお店は、福岡市南区の新しく生まれ変わった赤十字病院から、日赤通りを横切り、大楠公民館前を通りすぎた角にあった。
 
 
お店の名前は、
 
「ヤマグチサイクルサービス」
 
「〇〇サイクル」なら、自転車を置いていないと怒られそうだが、
「〇〇サイクルサービス」なら、自転車がなくても許せるかも。
 
「…サービス」と付くぐらいだから、自転車に関するサービスを専門にやっているお店なのか?
 
ホカ弁の店舗ぐらいの広さのお店には、ところ狭しと自転車に関わる備品がたくさん並んでいた。
 
 
ちょっと汗ばむ初夏の午後、軽自動車に乗って、支部のN副女性部長と訪ねてみたところだった。
 
 
 
 
「こ・ん・に・ち・は〜ぁ!」
 
風通しのいい店内に、(といってもドアを開けっ放しにしているんだが・・・)Nさんの声が響きわたる。
 
「ほぉ〜い」
 
出てきた、出てきた、おじさん。
 
 
私はお顔を見るなり、急に親しみが湧いてきた。
 
というのも、そのおじさんのお顔が、かつて柳川支部を立ち上げたときの功労者のお一人、Yさんにソックリ!だったからだ。
 
こうなったら、相手の胸のうちに入るのは任せてちょーだい!
 
支部長交代しました、と早速、名刺を差し出す。
 
すると、おじさんもなにやら名刺のようなカードをくださった。
ただ、渡す前に、手書きでご自分のお名前を書き込んでくださったのには感動した。
 
なんとも味わい深い名刺だ。
 
こんなオリジナル名刺をもらったら、一生記憶に残るかもしれない。
 
 
このおじさんのお名前は、
「山口岩夫」さん
 
名刺には、こう書いてあった。
 
 
☆早くて上手でやすい!
出張修理承ります。
 
「パンク修理・・・」
「付属品の取換え」
「タイヤチューブ交換」
 
 
ヤマグチサイクルサービス
〒815ー0082 福岡市南区大楠1丁目15ー15
TEL(092)523ー3324
サービスカー(090)2508ー8418
 
 
この「サービスカー」というところがこのおじさんの商売の中心。
つまり、電話一本で、どこへでも出張し、自転車の修理をしてくれるのだ。
 
親しみのあるお顔を見ながら、いろいろ質問してみた。
 
唐津出身。昭和7年生まれ。80歳。三浦雄一郎と同い年。
この仕事はもう50年やっているとのこと。
10年前の70歳の時に、にこの地に越してきたらしい。加山雄三ぐらいの時だ。
 
 
最近は自転車といっても、数十万円もする高級車もあるくらいだから、
出張も多いだろうと思いきや、昨年と比べて激減しているらしい。
 
自転車自体に需要が減ったのか、修理するより買い換えるケースが増えたのか。中國はすぐ真似て安いのを出すらしい。なかなか判断しにくいマーケット。
 
「でも、口コミで広がるんじゃないですか?」
というと、
「なかなかねぇ・・・・」と。
 
 
「そうだ!ヤマグチさん。私が今晩、自前のフェイスブックで、紹介しておきますよ。南区のお客さん、たくさん来たらいいですね。」
というと、
 
「インターネットもせんとな、と思ってるんだよ」
とお年の割にはとても意欲的だったのが印象に残りました。
 
 
今回は、着任のご挨拶と日曜日の衛星中継のご案内。
新しい月刊誌とともに、新刊の「皇太子の霊言」を買ってくださいました。
 
 
ヤマグチさん、この熱血メールにも載せますので、電話が鳴り止まなくなってもご了承くださいね。
 
 
 
 
帰りの車の中で、
私は密かに、これからこんな感じで、一日一軒を目標に、「熱血感動クリエーターがぶらり!」を開始することを決意しました!
 
 
さあ、今日は何処へ・・・。
 
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 
 

« 25000ドルのアイデア 20130523 | トップページ | 下村湖人の生家 20130525 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/51754402

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車を売らない自転車屋さん 20130524:

« 25000ドルのアイデア 20130523 | トップページ | 下村湖人の生家 20130525 »