« 安倍晋三首相が「村山談話」を継承。左翼貧乏神が暗躍? 20130517 | トップページ | よぼよぼの老人が“巨匠”に変身する瞬間 20130519 »

2013年5月18日 (土)

左翼マスコミの包囲網を一気に打ち砕け! 20130518

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

左翼マスコミの包囲網を
一気に打ち砕け!

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「新しく道を拓くのは、とても厳しい試練だと思います。
しかし、私たちは、自らも返り血も浴びつつも、正しいと思うことは言い続けます。たとえ、世間様から批判を受けようとも、後世に判断を仰ぐというつもりでやっていきます。」
(「フロンティア・スピリット」より)


皆さん、おはようございます。

皆さんは、このところ、テレビや新聞を見て、何かおかしいと感じておられませんか?

そして、なんとなく重たい感じもしませんか?


そうなんです!


今、左翼マスコミの改憲勢力封じ込めの総攻撃が始まっているんです!


だから、

ただじっとしているだけで、負けてはならないんです!

これは「光と闇の戦い」です。


安倍総理も、ズルズルと押し込まれ、当初否定していた村山談話を踏襲すると会見し、橋下市長の従軍慰安婦の失言を攻撃材料として、左翼勢力は今、束になって、憲法改正を押さえ込みに入っています。

私たちがこのまま何もしなければ、映画「ファイナル・ジャッジメント」のシナリオへとつながる危険すらあるのです。


今、必要なのは、光の結集であり、更なる伝道です。

そこで、衛星会場が福岡南支部に変更になった明日19日の政党大会は、

「霊言『東條』『古舘』『本多』拝聴の意義」と
「参院選の意義」を腑に落とし、幸福実現革命のエネルギー大結集する、重要な重要な一日になります!!


主から霊言を賜った「本多勝一」は、元・朝日新聞記者で戦後左翼の教祖的存在。

南京大虐殺や従軍慰安婦の記事を書き、いまの日本の自虐史観の流れをつくった元凶の一人です。


中学生の子供さんがいるご家庭は、学校で使用している歴史教科書をもう一度見てみてください。

私の子供は警固中学校で「帝国書院」を使用していましたが、「南京大虐殺」あたりの説明をみると驚きますよ!

こんなのありえません!

その捏造の元凶である本多勝一が、霊言の中で、ある神秘体験をし、記事の内容が、捏造であったことを告白し、最後は回心の兆しをみせ、幸福実現党を支持する意向を語ります!


その意味で、本霊言は、東條英機の霊言に続き、別の観点から、自虐史観という左翼の根幹を揺るがす衝撃的な内容となっています。

そして、

この霊言は現在、安倍政権が行おうとしている憲法改正の流れを止めようとする、左翼の護憲派への強力なカウンターパンチともなっております。

本多勝一の霊言収録により、東條英機、古舘伊知郎の霊言をあわせて、

幸福実現党の、この度の参院選の戦いが、

「左翼・唯物論思想による、日本の自虐史観を打ち破り、神国日本の誇りを取り戻すための、価値観の革命である」という大義がより明確となりました。


皆さん、映画「ヘルメス・愛は風の如く」で登場した「天の軍勢」を覚えておられますか?

明日19日(日)は、まさに、地上に降りた私たち光の天使と、天の軍勢、ヘルメス軍団とが一体となって、左翼マスコミの包囲網を一気に打ち砕く、光の大結集、日本救済の大決起大会となります。


一人ひとりの心の中に、
「ケリューケイオンの杖」を!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 安倍晋三首相が「村山談話」を継承。左翼貧乏神が暗躍? 20130517 | トップページ | よぼよぼの老人が“巨匠”に変身する瞬間 20130519 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1858157/51674079

この記事へのトラックバック一覧です: 左翼マスコミの包囲網を一気に打ち砕け! 20130518:

« 安倍晋三首相が「村山談話」を継承。左翼貧乏神が暗躍? 20130517 | トップページ | よぼよぼの老人が“巨匠”に変身する瞬間 20130519 »