« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

真実から目をそむけない 20120628

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

真実から目をそむけない

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

今朝、素晴らしいメッセージと出会いました。

お仕事が終わってから、ゆっくり読んでみてください。


o(^-^)o


成功するためには、真実を求め、真実から目をそむけないことだ。

かつて成功した者はすべて、嘘やごまかしを見抜く目を養うことを、その成功の第一歩としている。

本来、私たちは誰でも、真実を見抜く能力を持っているのだ。しかし、その能力は、使っていないと鈍化し、いつかは摩滅してしまう。

私たちは、常に真実を求め、真実に対して自分をごまかさないよう努力すべきだ。

真実を歪曲してまで手に入れた成功は、しょせん、偽りの成功にすぎない。真の成功を得るためには、もっと別の方法があるはずだ。たとえ、それが苦難の道であろうとも、真実にもとづいた可能性を探っていくこと。それこそが、結局は輝かしい成功につながるのである。


人間社会は、真実、誠実、正直の3つの柱を基礎にして成り立っている。


先達の成功も、すべてこの3つの要素を除外しては語れない。そのどれか一つが欠けても、真の成功は望めないのだ。

どんな環境に置かれても、正しい自己認識を持った健全な人間でいるためには、日常の一つひとつの事柄、行動に対して、

「これは真実だろうか?」
「正直な考えといえるうだろうか?」

と、自分自身に問いかけてみることだ。胸を張って「イエス」と答えられるなら、あるいは先輩たちから「正直だ」と評価されるなら、あなたの考えはおおむね正しい。

目標達成に向けて、積極的に行動を起こすべきである。結果の正否はあなたにかかっている。


最初に真実さえ見誤らなければ、あなたの道は成功へと続いている。


真実を見抜く目を持った者は、他人と自分との差異にも敏感だ。そして、自分ばかりではなく、他人がいま何を必要としているか、何を求めているかを見抜いている。

成功をあせることはない。あなたには、まだ時間がたっぷりと残されているではないか。しかし、時計の針は休むことなく回り続けていることも、忘れてはならない。

残された時間を手をこまねいて見送っている者に、勝利の女神は微笑まない。


ムダにできる時間はないのだ。


自分自身を愛し
その愛を人々に分け与えよう。
あなたが感じている
すべての愛を
いますぐに。


The Psychology of Winning(Denis Waitley)

新訳「成功の心理学」
(デニス・ウェイトリー著)


真実から目をそむけない


共に信じ合い、力を合わせて「おりなす八女映画FJプロジェクト」を大成功させてまいりましょう!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2012年6月18日 (月)

ウガンダ御巡錫!今、世界が動きはじめている!20120618

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

ウガンダ御巡錫!
今、世界が動きはじめている!

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、こんばんは。


速報が飛び込んで来ました!

仕事関係で、先週アフリカはウガンダに立ち寄られたある信者さんのお話しです。

(^O^)/

「空港を降りて首都カンパラに向かう光景は、どこもかしこも、
《ワールドティーチャー、リュウホウオオカワ講演会》
のポスター、看板でいっぱい!


なんだこの光景は!


今、ウガンダは主の講演を待ち望むムードに満ちあふれている。

ウガンダの国民的な歌手が信者となったとのことで、まさに歌えや踊れという感じなのでしょうか!」と。


同じアフリカで「ルワンダ」という国(ウガンダからも500キロ位)では、かつてツチ族とフツ族の内紛があって、100万人以上が虐殺された悲劇があるそうです。

今回の主のご講演は、アジアミッションと同じく、中国包囲網の流れもあるとお聞きしています。
(※中東の核戦争を避けるためという話もあります)

すでにウガンダでは、映画「仏陀再誕」や主のご法話が国営放送で流れており、多くの国民の救いの光となっています。

今回のウガンダ御巡錫を待ち望む国民の期待は相当のもの。

先日のロイター通信の映画関連記事も世界中に配信されているんですよ、皆さん!

もっともっと驚きと感動を持って、みんなに伝えてくださいね。
(ロイター通信は世界150カ国につながるんです)

映画「ファイナル・ジャッジメント」がウガンダ国営放送で流れる日もくることでしょう。


主は、「今回ウガンダに行くことでアフリカの暗黒の闇が消えていくだろう」と説かれております。


皆さん、ファイナル・ジャッジメントの時は今です!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »