2014年8月24日 (日)

《創刊号》国際熱血感動クリエーター新聞 Vol.001 20140824

   
       
            
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
彼らは素直に「四正道」を求めていた!
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
皆さん、おはようございます。
 
というか、お久しぶりですね。
約3週間の沈黙を破って、この熱血メールを送っています。
このたび、8月19日付で、正式にネパール支部の支部長を拝命させていただきました。
実は、一昨日、私たち男性も(?)100人の生徒をもつ学校を経営している地元の信者の皆さんに誘われ、女性のお祭りといわれる“ティーズTEEJ FESTIVAL”に参加(?)して来ました。
 
学校の子供たちとそのお母さんたちばかりで、最初はじ〜っと見てるばかりでしたが、最後はなぜか周りに煽られ、一緒に踊りはじめたら、みんなが寄ってきて、大変(?)なことになりました。
 
しかし、その子供たち、お母さんたちの姿を見ていると、
ネパール着任後、まだ20日足らずですが、ネパールの発展の鍵を
握る柱の一つが「教育」であることはまちがいない!と確信するものが
込み上げて来ました。
なぜか涙が溢れてきたんです。
 
そして、この中にも、将来、幸福の科学大学に留学する計画を持った子供たちが、
必ずいる!と思うと、思わずミッションの大きさに魂が震えるものがありました。
サクセスNo.1ネパール支部校の開講も急がねばと思い始めました。
(もちろん、シニアプランも!)
 
今、多くのネパールの青年たち、学生たちが、東の国・日本(JAPAN)に
光輝く目を向けています。そして、どうすればあんなに発展できるのかと
その秘密を知りたがっています。
 
昨日も落慶式に向けてのはじめてのボランティアミーティングをしましたが、
その慣れないボランティアに集ってくる人たちの大半が、
10代、20代の子供たちと青年たちなんです。
 
えっ?と驚きました。ほんとにこの子たちにボランティアが出来るのかと。
 
私は不思議に思って10代の子と、20代の子、2人に、聞いてみました。
 
「どうしてこうやって若い人たちがたくさん集まってくるの?」と。
 
すると、何と別々に聞いた2人の答えが同じだったのです。
 
「Happy Scienceが好きだから。」
 
私は突っ込みました。
 
「もう少し具体的に教えてくれる?」
 
するとこんな答えが返ってきたのです。
 
「愛とか、智慧とかを学びたいから」
 
「発展はどう? 反省はどう?」
 
「あっ、それも勉強したい!」
 
そうなんです!彼らは素直に「四正道」を求めているんですね。
 
 
昨日、幸福の科学大学の開学を通して、
仏陀・釈尊生誕の国・ネパールと、仏陀再誕の国・日本が、
ひとつになり、大成功に導けるよう、ネパール支部精舎の落慶式においても、
「経済的成功のための祈り」「地球平和のための祈り」に加え、
「幸福の科学大学設立大成功祈願」をさせていただくこととなりました。
 
すでに多くの皆さんから、国際本部を通して、ご祈願をいただいております。
ほんとうにありがとうござます。皆様のご祈願が届くたびに感謝の思いが込み上げてきます。
 
式典の祈願においては、正導師(南アジア・齋藤本部長)を中心に、
南アジアの支部長全員が一丸となって、仏陀・釈尊生誕の地・ネパールより霊的支援を送らせていただきます。
 
皆さん、仏陀・釈尊生誕の地・ネパールへの恩返しと、
仏陀・釈尊再誕の地・日本の、宇宙を背負う限りない発展のために、
どうかご祈願へのご参加、よろしくお願いします。
 
また、皆様方からネパールの皆さんへのメッセージも
お待ちしています!(英語、日本語どちらでも)
 
国際熱血感動クリエーター
Happy Science Nepal
Hideki Nishida
       
   
   
   

2014年7月31日 (木)

本気を持続させるには 「言い訳廃止」20140731

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

本気を持続させるには
「言い訳廃止」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

というか、一週間ぶりですね!

異動になってすぐ東京で打ち合わせをし、その後、現地とは毎日のようにスカイプミーティング。

スカイプは、極めて便利な機能です。

もう現地にいるような感じですね。

完成間近の「ネパール支部精舎」は、まるで出産直前の赤ちゃんのように、もうすでにお腹の中から情報を発信しつづけています。

この「熱血感動クリエーターメール」も、このメルアドも8月3日(日)の午前中で、「永久欠番」となります。

皆さん、ほんとうにお世話になりました。

o(^-^)o

さて、私事ですが、この一週間は、まさに「本気との戦い」でした。

未知の国ネパールへの突然の異動でしたので、守護霊(本音)と戦い続けて来た一週間でした。

しかし、答えは意外にもリバティの中にありました。


……………………………
本気を持続させるには
「言い訳廃止」
……………………………

主はこう説かれていました。

……………………………

一言で申し上げますと、「言い訳との戦い」です。やはり、人間は弱いもので、すぐにできない言い訳を考えてしまいます。
 
例えば、自分の頭のせいにします。頭が悪いから、勉強ができなかったからだとか、学歴が足りないからだとか、頭のせいにする。
 
次は年齢のせいにします。年を取りすぎたとか、若すぎるからだとか、年齢のせいにするのです。あるいは、仕事がこういう状態だからだ、などと言って仕事のせいにします。さらには、日本人だからできないのだと、自分が日本人であるせいにします。

それから、健康の具合が悪いとか、今日はどうも気分が優れないとか、体調が悪いなど、できない理由はいくらでもあります。

このように、言い訳がたくさんあるのです。何事も成し遂げられない人は、やはり言い訳が実にたくさん出てくるのです。聞けば聞くほど出てきます。

けれども、世の中の大事な仕事の8割以上は、体調の悪い中で成し遂げられています。8割以上は、何か体調が悪いのを押してやっている人たちが成し遂げている仕事なのです。だからそれを言い訳にしてはいけないのです。
 
まずは、「言い訳廃止」ということを張り紙にしておいたらよいと思います。まず、できない言い訳が出てきますから、その言い訳との戦いがあります。言い訳の癖をやめて戦うことが大切です。

……………………………

私も例外ではなく、身体の状態が最大の「言い訳」になっていました。

心の中で…

しかし、「言い訳の原因」は一つひとつ潰すこと。

昨日は最後の言い訳、
「健康診断・脳チェック」

そして、その結果は…


↓↓↓↓↓


「完璧!30代の脳だ」と言われたのです。

ネパールでも、どこでもバリバリやってくださいとドクターのお墨付き。

ちなみに先生のお名前は、「大神(おおがみ)」。

o(^-^)o

すべては「天意」のようですね。(^O^)/


昨晩はネパール支部精舎建立でお世話になった八女支部にごあいさつ。

皆さん、ありがとうございました。

来年春のネパールツアー20名も開催決定!?しました。

私が一時帰国した時に、添乗員として一緒に出発する、極めてユニークなツアーです!

2015年2月〜3月あたりですかね。お楽しみに!


今日はこれから大牟田支部にごあいさつです。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月23日 (水)

これでいいのか!大分県 20140723

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

これでいいのか!大分県

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

今、成田から東京に向かうリムジンバスの中です。

福岡〜成田便は、福岡〜羽田便のほぼ6割の値段で利用できます。

東京駅まではリムジンバスで1時間、片道900〜1000円です。

最近我が家はみんな成田便を使いはじめています。

乗り継ぎが極めてシンプルなので羽田よりも一人旅しやすいですよ。

皆さんも一度チャレンジを。

o(^-^)o

ところで!

昨日の産経新聞一面、そして今朝のリバティweb、驚きです!!!

これでいいのか!大分県
って感じです!


◆従軍慰安婦という嘘を教えるな 大分県教組が韓国の関連施設見学を企画
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8189

大分県教職員組合が慰安婦関連施設の見学などの韓国旅行を違法に募集し、その旅行に助成金を出していたことが分かったと22日付産経新聞が報じている。

大分合同新聞に広告掲載された「親子で学ぶ韓国平和の旅」は、大分航空トラベルが手配したが、申し込みの受付などは県教組が行った。旅行業法により、旅行業務は観光庁や都道府県知事から登録を受けた旅行業者しか行えないため違法行為となる。また、産経新聞の取材に県教組は「法に違反するとは知らず、今後は適切な方法に改善したい。旅行内容については問題ないと考える」と答えた。

しかし、内容についての問題は大ありだ。本欄でも再三述べてきたように、「慰安婦の強制連行」はなかった。日本政府として従軍慰安婦を認めた「河野談話」は、6月の政府調査で、韓国側との文言などの調整があったことや、元慰安婦の証言のみを根拠に強制性を認めていたことが確認された。すでに河野談話の正当性は崩れている。

今回の慰安婦関連施設を含む親子向けの韓国旅行は、嘘の歴史を子供たちに教えることに等しい。

また、本来教育とは、自活できる力を育てると同時に、日本や世界に貢献できる人材を育てるためのものだ。だからこそ、教育によって愛国心を育み、将来、国を発展させていこうという気持ちを持たせることが大切だ。子供たちに嘘の慰安婦施設を見学させ、自虐史観を植え付ければ、日本は悪い国だと思い込み、愛国心や誇りを持ちにくくなってしまう。

大分県教組に対しては、法律に違反する方法の改善はもちろん、それ以上に、旅行内容の改善を求めたい。(冨)


こんなうその歴史、絶対に後世に残してはなりません。

福岡では8月10日(日)13:00〜天神デモを予定しています。

皆さん、よろしくお願いします。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月22日 (火)

祝・サクセスNo.1福岡南支部校 開校!そして、ご報告・・・・・20140722

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

祝・サクセスNo.1
福岡南支部校 開校!
そして、ご報告・・・・・

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、こんにちは。

今日は、皆さんに2つのご報告があります。


①サクセスNo.1福岡南支部校開校
②支部長人事異動


①7月21日(月祝)、海の日にあたる昨日、支部開設5年目にして、サクセスNo.1福岡南支部校が開校しました。

皆さん、ほんとうにおめでとうございます。

そして、たくさんの福岡本校に通う塾生、支部信者の皆様、そしてご両親に見守られながら、第1号としての塾生「修行願い」を奉納し、入塾された小学1年の上村忠法(カミムラタダノリ)くん、ほんとうにおめでとう!

忠法くんの後に続いて、きっと、たくさんの塾生が誕生することでしょう。

予定されている子どもたちの守護霊はすべての計画を知っているかもしれませんね。

『サクセスNo.1』とは、主エル・カンターレが、「一番の成功」という気持ちをこめてつけて下さった名前です。サクセスで学びながら、「一番の成功を目指していくんだ」ということを、しっかりと心に刻んでいただきたいと思います。

そして、もう一つ、主が、このサクセスに込められた願いは、「仏法真理と、子どもの教育面での成長を一体化させること。」です。サクセスでは、「信仰教育を通して主の教えを学ぶとともに、勉強にもしっかり取り組み、みなさんの魂を成長させ、鍛えていく」ことに目的があるのです。

これから、サクセスNo.1塾生の中から、たくさんの心が強くて、優しくて、世の中のお役に立つ立派な天使たちが誕生していくことでしょう。

福岡南支部より、未来の大鷲を目指して、第1号の幸福の科学学園生、第1号の幸福の科学大学生が誕生し、最後は総理大臣まで輩出するような、そんな未来を夢見ています!

ほんとうにおめでとうございます。


②次に、支部長人事異動のお知らせです。

本日(7/22)付で、私・西田は、国際エル・カンターレ信仰伝道局に異動になりました。昨年5月1日から、約1年3ヶ月の短い間ではありましたが、皆様にはほんとうにお世話になりました。後任は、福岡早良支部を大発展へと導かれた坂井和仁支部長です。(兼務ではありません)

「説法第一」の支部長ですので、「教学」から「伝道」への力強い、さらなる一歩を踏み出してください。


人生には二つの目的があります。(『幸福の法』第1章参照)

一つは、「自己発見の旅」です。

人にはそれぞれ「個性」があります。同じ「個性」の人など一人もいません。

…………………………

「個性を持って生まれてくる」ということ自体が、「自分自身の人生を究めなさい」ということを意味しているのです。「自己を探究し、『自分はなぜ、こういう個性を持って生まれてきたのか。自分は、いかなる人生を与えられたのか』、それを発見しなさい」ということです。この自己探究の旅、自己発見の旅は、誰も逃れることのできないものです。

…………………………

もう一つが、「他者とのかかわり」です。

…………………………

「他の人々や社会とのかかわりにおいて、自分は、いかなる役割を果たすことができるのか」ということです。「他者とのかかわりにおいて自己を知り、また、互いに影響を与え合う存在として生きていくことの大切さを学ぶ」ということです。

(中略)

他人は自分の思うようにならないものですが、いろんな人がいるということは、自分自身を教えてくれるという意味で、ほんとうにありがたいことなのです。

「こんな人が存在するのか。こんな考え方があるのか。こんな性格がありうるのか」と、非常に不思議に思うことがありますが、他の人から逆照射して自分自身を知るためには、多様な能力や個性を持った人がどうしても必要なのです。それで、人間は共同生活をしているわけです。他人がいなければ、自分自身のことがまったく分からないのです。

実は、これが、仏や神といわれる存在が世界を創った理由でもあります。仏神は、相対的な世界を展開することによって、つまり互いに磨き合う世界を創ることによって、自己認識を深め、また、自己の可能性を楽しんでいるのです。

…………………………

皆様には、今週末、支部にてご挨拶できれば幸いです。

足掛け約2年に渡り、ほんとうにありがとうございました。(感謝)


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月20日 (日)

信念を曲げずに粘り抜け 20140720

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

信念を曲げずに粘り抜け

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

2014年の200日が過ぎ、今日から201日目がはじまりました。

200日を振り返ってどうでしょうか?

チャレンジャーでしたでしょうか?

o(^-^)o

『忍耐の法』には、こう説かれています。

…………………………

失敗を恐れるのであれば、「自分にできることや、自分が得意なことに絞り込み、それ以外のことをしない」という、楽な道を選べばよいわけです。それは可能です。
 
しかし、新しいものを開拓しようとすると、必ず困難に打ち当たります。通常、スッと成功することはありません。それなりの代償、対価を払わなければ、目標に到達することはできないのです。
 
そして、結果が出るまでの間、やはり、精神力を鍛えつつ、コツコツと努力を積み重ねることが大事です。
 
さらに、「批判に耐える力」も必要です。他の者から、悪口雑言を言われたり、罵倒されたりしても、それに打ち克って、持ち堪える力を身につけることも非常に大事なのです。(略)

「信念を曲げない」ということは、とても大事です。
 
動機において間違いがなく、目指しているものにおいて間違いがないならば、苦難を耐え忍ばなければなりません。

そうでなければ、宗教であれ、政治であれ、会社の事業であれ、教育事業であれ、一切のものにおいて、大を成すことはできないのです。

(『忍耐の法』第2章「試練に打ち克つ」より)
…………………………

人は何を恐れているのでしょうか?

信念を持って挑戦しつづけ、その結果、力尽きて失敗することを、先にイメージしてしまうのでしょうか?

かつて、あのヘンリー・フォードは仕事に対する考え方として、こう言ってました。

…………………………

神は弱者の召使いではない。神は全力を出しきった者のために存在するのである。

そうした人はその瞬間には弱者であるかもしれない。しかし、そうなるのはその人が生まれつき弱いからではなく、むしろ本来その人が強いからであり、その強さをある目的や仕事にすべて捧げてしまったからなのである。

最後の力をふりしぼって糸をつかみ、神に呼びかけるとき、その力を惜しまず、その瞬間に持てる力をまったく使い果たしてしまったこの強き人の前に、世にいう神が現われ、その人を助けるのである。

これは別の表現で簡単に言えば、「神は自ら助くる者を助く」という格言になる。

(ヘンリー・フォード著『藁のハンドル』より)

…………………………

『忍耐の法』の年は、信念を曲げずに粘り抜かねば何も変わらないだろう!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月19日 (土)

そうじ力で金うそ発見!20140719

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

そうじ力で金うそ発見!

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、こんばんは。

皆さんは、大宰府天満宮の「うそ替え神事」ってご存知ですか?

大宰府天満宮は、天満宮・天神社の「うそ替え神事」発祥の社らしい。

私も実は昨日はじめて知りました(笑)。

この「うそ替え神事」は、毎年1月7日に、木うそ(7日のみ授与)を手にした人々が、注連縄で囲った境内の斎場で「替えましょう 替えましょう」と呼び合いながら、木うそを互いに取り替えることで、一年間についた嘘や災いを御神前で天神さまの誠に変えて幸運を戴く神事なのだそうです。

へぇ〜、人間って、そんなに嘘をつくのか?と思いますが…

木うそは、天神さまのお使いの鳥といわれている実在の鷽(うそ)を朴(ほう)の木で彫った神縁品で、鷽が木にとまっている形を表しています。

このうその中には、「金うそ」も6体混じっていて、この「金うそ」を頂いた人は、更なる幸運を授かるといわれているそうなんですよね。

へぇ〜っ感じですよね。

o(^-^)o

実はここからが本番です。

先日の「そうじ力セミナー」に、家族4人で参加したMさんファミリー。
なんと最後の抽選会で「おそうじセット」を当てたMお母さん、その日から家族そろって3日間、家の中を徹底的におそうじしたそうです。

すると、セミナーの演題通り、3日でどんどん「運」がよくなってきました。

①まず、Mさんの息子Kくんが英検3級に見事合格!Kくん、おめでとう!

②次に、おそうじの3日目、20年前にお父さんが大宰府天満宮で引き当てて、どこかにしまっていた幸運の「金うそ」が、おそうじのなかで、突然発見されました。純金でした!

③そして、その「金うそ」がそれなりの価値を持ち、息子Sくんの受験合宿の費用をカバー。
これでSくんも安心して学園受験の夏合宿に行けることになりました。

Mさんファミリー、ほんとうにおめでとうございます!

これからも、「そうじ力」を武器として、どんどん光り輝く未来を切り拓いていってください。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月18日 (金)

子どもにとっての信仰 20140718

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

子どもにとっての信仰

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

サクセスNo.1福岡南支部校の開校式が、
来る7月21日(月祝)朝11時から行われます。

現在、まだ検討中の親御さん、サクセス福岡本校に通う子どもたち、その親御さん、支部リーダーの皆さん、多くの信者の皆さん、
数多くの皆様の愛に包まれて、歴史的な開校式にしたいものです。

たくさん祝福に駆けつけてくださいね。o(^-^)o


さて、今日は、サクセスNo.1で学ぶ「子どもにとっての信仰」の9つのチェックポイントをご紹介しましょう。


①「この世とあの世」という考えを持とう

②人を殺してはいけない

③人のものを奪わない

④男女はお互いに礼儀正しく、尊重し合おう

⑤自殺をしてはいけない

⑥悪い言葉で人を傷つけてはいけない

⑦未成年に禁じられていることはしない

⑧仏様や守護霊に見られてもいい生き方をしよう

⑨ほかの人を導いていこう


さあ、この9つのポイント、どうでしょうか?
皆さん、大人としてすべてクリアできているでしょうか?

あるいは、皆さんの大切な子どもたちに、それぞれのポイントについて、社会のなかで、あるいはご家庭で、うまく伝えることができますでしょうか?

そこに「サクセスNO.1」の存在理由があるのです。(^O^)/

…………………………

◎「サクセスNO.1とは」

仏法真理塾『サクセスNo.1』は、単なる進学目的の塾ではありません。

信仰教育を基礎に置きつつ、各人が自分の能力に合わせて学力を伸ばし、
専門教育へと向かっていくための基礎学力をつける、そのような機関が必要だと考え、私はこの『サクセスNo.1』を作りました。

現在の学校は唯物論や無神論を教えたり、宗教を排除するようなことを教えたりしています。

しかし、家庭教育としての宗教教育と、学校教育や受験勉強は一体のものでなくてはなりません。

『サクセスNo.1』のねらいには、「仏法真理と子どもの教育面での成長とを一体化させる」ということが根本にあるのです。


◎「サクセスNo.1塾生の使命」

自分に与えられた使命のなかで、その目的のなかで、光を輝かしてください。

世の中には、まだまだ光が不足しています。

数多くの光が必要です。

だから、どんなかたちの光でもいいから、あなた特有の固有の光を放ってください。

世の中を照らしてください。

そういう光が多くなればなるほど、世の中はユートピアに変わっていきます。

そういう意味で、誰もが「自分を最高度に輝かす」という気持ちを持ってください。

それが、『サクセスNo.1』に込められた願いです。

(御法話『サクセスNo.1の精神』より)

…………………………

ここで学んだ子どもたちが、そのことを一生の誇りとする愛溢れる教育が、いよいよはじまります。

熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月16日 (水)

努力の意味〜悪魔から身を護る〜 20140716

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

努力の意味
〜悪魔から身を護る〜

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。

外国の諺に、「悪魔は、人間を怠け者にしようと狙っているものだが、怠け者は、自分のほうから悪魔を引っ張り出してくる」という意味のものがあります。

すなわち、「怠け者は、堕落への道を行きたくてしかたがないかのように、悪魔を呼び込んでしまう」ということです。

悪魔がいちばん嫌いなのは、コツコツ型の勤勉なタイプの人間です。

謙虚で、うまずたゆまず努力を続けて、着実に精進していくタイプの人間 が、悪魔は最も苦手なのです。

そういうタイプの人間は、悪魔とはどうしても波長が合わないわけです。  

幸福の科学では、「自分を律せよ」「努力せよ」などと教えているので、「厳しいことを言うなあ」と思うかもしれませんが、それは悪魔から身を護る方法でもあるのです。

そして、高級諸霊に護られ、彼らの応援を受けるための方法でもあります。努力の意味は、そこにもあるのです。

そのように、努力して向上への道を歩んでいる人に対しては、悪魔は近寄りがたいものですし、高級諸霊は、「何とかして導いてあげたい。道を開いてあげたい」という気持ちをいつも持っています。  

(「勇気の法」第3章「ハングリー精神を失うな」より)


◎勉強と仏法真理は本当は一体のもの


今、主は「サクセスNo.1」を日本全国に広げていきたいと考えておられます。その主の願いに合わせて、現在、我が支部も支部校開校準備をしていますが、まだまだ、主の願いが伝わり切れていないようです。

主は、どんな願いを持っておられるのでしょうか。

「今、学校や塾の教育と仏法真理とは、かけはなれたものになっているけれども、これらは、本当はばらばらなものではないのだ。勉強と仏法真理を一体にしたかたちで、子どもたちが自分の成長を確かめていけるようなものにしたい。」

子どもたちが自分の成長を確かめていけるようなものにしたい。

この願いが「サクセスNo.1」の根本にあるんです。

「・・・家庭での宗教教育と、学校での教育や受験勉強とは、本当は一体のものなんだ。そうでなければ、人間として統一のとれた方向に成長していくことはできないんだね。」

主の願いは、
「仏法真理と勉強面での成長とを一体化させる。」
というところにあります。

家庭教育だけでは、なかなか難しいことを、
毎週毎週コツコツと積み重ねていくことで、素晴らしい未来の人材を輩出していきたいと思います。

たった一人からでもいい。

すべてのはじまりは小さな小さな魂(志)からです。

しかし、その小さな種が、将来、大きく大きくなっていく喜びこそが、
主の願いであり、主の喜びであると信じます。


熱血感動クリエーター
西田ひでき

2014年7月15日 (火)

試合開始前に、なんと!校歌が流れる!果たして試合の結果は…20140715

☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
試合開始前に、なんと!
校歌が流れる!
果たして試合の結果は…
 
☆゜*:.。. .。.:*☆゜
 
皆さん、こんばんは。
 
今日は、いろんなところから、たくさんの応援メッセージを送ってくださり、ほんとうにありがとうございました。
 
 
2014年7月15日(火)
高校野球栃木県予選1回戦 栃木県営球場 
14:25〜試合開始
 
幸福学園×足利工大付
 
試合の模様を時間順にご報告します。
 
≪開始前の様子≫
総裁先生が衛星でライブで見て下さっているとの情報が入る。
 
応援メッセージもファックスでくださったようです。
 
試合前にコメントをいただいたのは初めてで、
キャプテンに手渡されました。
 
≪試合直前のメール≫
今から試合が始まります。
既に校歌が流れました。
感動です!
 
≪試合中の様子≫
1回、両チームとも無得点。
2回表、幸福学園0点。
2回裏、3点入れられました。
3回表、1点返しました。
3回裏、1点入れられました。
4回表、無得点。ヒットは出て1塁、3塁までいったが・・・
4回裏、2点入れられました。6対1。
5回表、1点返しました。6対2。
5回裏、0点におさえました。
6回表、無得点。
6回裏、3点入れられました。9対2。
7回表、9対2の7点差。1点も返せず。
 
残念ながら、
痛いコールド負け。
 
ほんとうに、残念!
悔しいです!
 
ヒット数は、相手11本、幸福9本で、あまり差はありませんでした。
 
おそらく、毎回毎回の出塁者をホームに返すチャンスを生かし切ることが
なかなか出来なかったのでしょう。
 
ほんとうに、残念です!
 
 
 
しかし、アデプトの卵たち、幸福の科学の看板を背負って(いや、赤々と胸に貼って)、重責とプレッシャーの中、よく大健闘してくれました。きっと来年につながる教訓となったことでしょう。
 
皆様、温かいご声援と、応援のメッセージ、ほんとうにありがとうございました。
 
心より感謝申し上げます。
 
熱血感動クリエーター
西田ひでき
 

「こういうふうに生きてほしい。」20140715

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

「こういうふうに生きてほしい。」

☆゜*:.。. .。.:*☆゜

皆さん、おはようございます。


単なる塾とは違う!!

皆さんは、サクセスNo.1に通うといったいどうなると思いますか?

サクセスNo.1では一番最初に何を教えてくれるのでしょうか? 

他の子どもたちとどこがどう違ってくるのでしょうか?

これが分かったら、たくさんのご両親がお子様をサクセスNo.1に送り込んで来られることでしょうね。

p(^^)q

皆さんは、「『サクセスNo.1』の精神」という経典の第1章は、
何というタイトルか覚えていますか?


???


第1章は、

「子どもにとっての信仰」です。

では、この「子どもにとっての信仰」とは何でしょう?

???

皆さんだったら、「子どもにとっての信仰」というテーマで、いったい何を語られますか?


???


主は、この第1章の中で、こう説かれています。

・・・・・・・・・・・・・・

幸福の科学の教えを学んでいる君たちへ

「子どもにとっての信仰」というお話をしていこう。
この題名は、少し難しく聞こえるかもしれないけれども、あまり難しい話をするつもりはないんだ。

信仰というのは、「信ずること」と言いかえてもいいと思う。

もっと平たく言えば、「幸福の科学の教えを信じている子どもたちに、どういうふうに生きてほしいか。」という内容の話だと考えてくれればいいだろう。

(「子どもにとっての信仰」より)
・・・・・・・・・・・・・・

主は、このように述べられ、神様の視点から、天使の卵である子どもたちには、こういうふうに生きてほしい、ということについて、少しずつお話になられました。

そして、主が最も大切なことして、いちばん最初にお話しされたこと、

それは、

「この世とあの世」という考えを持っておくこと。
でした。


・・・・・・・・・・

「あの世という世界があり、人間は魂として、霊として、目に見えない姿でもって、この世ではない世界でも生きている。
 
そういう、あの世の世界に何百年が生きていて、ときどき、この世の地上世界に赤ちゃんとして生まれてくる。
 
そして、子どもから大人になって、家庭を持ち、年を取り、死んで、またあの世に還っていく。こういうかたちで、人生をくり返している。」

という考え方を持っているところが、ほかの人とはずいぶんちがうように感じるだろう。

(「子どもにとっての信仰」より)
・・・・・・・・・・

皆さんは、ほっておけば小学校1年生から唯物論教育に染まっていく子どもたちに、どうやって「信仰教育」をしていきますか?

いったん唯物論教育に染まった子どもたちに、小学校上学年や中学生になってから「信仰教育」をしていくのは、とても難しいんです。

小中と唯物論教育に染め上げられてからやる信仰教育は、もうまさにこの十数年が「時間の無駄」とまで言えるような難しさなのです。


信仰教育の柱としては、

①あの世は、心のあり方に応じた世界が展開するということ。

②この世は、魂をみがくための学校なんだということ。

③悩むことが出てきても、「人生の問題集」の問題と考えようということ。

の3つをしっかりと学ぶこと、

すなわち、

「この世とあの世」という考えを持っておくことで、大きな使命を持ち、アデプトの卵として地上に降りて来た子どもたちが、人生のあらゆる局面において、正しい判断と行動が出来るようになっていくのだと思います。

o(^-^)o


「こういうふうに生きてほしい。」


サクセスNo.1福岡南支部校、いよいよ21日(月祝)開校です!


熱血感動クリエーター
西田ひでき

«幸福学園高校野球部 栃木テレビ明日生中継! 20140714